ページ番号:203281

掲載日:2021年8月17日

ここから本文です。

彩の国埼玉中小企業CO2削減大賞

表彰制度概要

「彩の国埼玉中小企業CO2削減大賞」は、省エネルギーの推進に不断の努力を重ね、その成果が大きく、他の模範となる優れた取組を行なった中小企業大規模事業所を表彰します。

表彰対象

埼玉県目標設定型排出量取引制度の大規模事業所のうち、中小企業が設置する事業所であり、令和2年度から4年度の間に実施する「中小企業CO2削減対策見える化支援事業」の対象事業所の中から選定します。

  • 令和2年度:食料品製造業・飲料品製造業、第1区分(業務・商業ビル)
  • 令和3年度:印刷業、化学工業、プラスチック製品製造業、パルプ・紙・紙加工品製造業等
  • 令和4年度:令和2,3年度を除くその他の事業所

令和2年度

審査委員会の審査を経て、令和2年度の受賞者4者(大賞1者、優秀賞2者、奨励賞1者)を決定し、令和3年7月27日(火曜日)に表彰式を実施しました。

表彰式の様子

左から、株式会社コスモフーズ、株式会社木村屋總本店、大野知事、株式会社陽栄
※プリマ食品株式会社は表彰式に欠席

大賞 株式会社木村屋總本店 三芳工場(食料品製造業)

受賞理由

  • 排出量取引制度において、自らの削減対策により大幅な削減を達成。
  • 熱源設備の燃料使用量、蒸気発生量等を細やかに計測し、効率的な運転に活用。
  • 蒸気配管を整理・統合を行い、エネルギーの無駄を削減したことで、燃料使用量を大幅に削減。

優秀賞 株式会社陽栄 さくら浦和ビル(業務ビル)

受賞理由

  • 排出量取引制度において、自らの削減対策により大幅な削減を達成。
  • 定期的に実施のテナント連絡会の場を活用し、テナントの積極的な省エネ促進を勧奨。
  • 外部の知見として県の省エネ診断を活用し、その改善提案から導入効果を試算したうえで、運用改善を着実に実施。

優秀賞 プリマ食品株式会社(食料品製造業)

受賞理由

  • 排出量取引制度において、自らの削減対策により大幅な削減を達成。
  • 社内での改善事例の共有や、経営者が参加する省エネ推進会議を高頻度で実施。
  • 活発な職員提案制度により、発生汚水の負荷低減などの新たな省エネの発見を促進し、効果の高い対策を実施。

奨励賞 株式会社コスモフーズ 埼玉神川工場(飲料品製造業)

受賞理由

  • 排出量取引制度において、自らの削減対策により大幅な削減を達成。
  • 設備台帳を活用し、中長期的な設備更新計画を基に、着実な設備更新を実施。
  • エアコンプレッサーの系統を使用圧力に応じて分離し、効果的なインバータ制御を行うことにより、使用電力量を削減。

報道発表

  • CO2排出削減に取り組む中小企業を、「彩の国埼玉中小企業CO2削減大賞」として初めて表彰します。

       https://www.pref.saitama.lg.jp/a0502/news/page/news2021072002.html

お問い合わせ

環境部 温暖化対策課 計画制度・排出量取引担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎2階

ファックス:048-830-4777

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?