トップページ > くらし・環境 > 消費生活 > 行政処分・指導情報 > 景品表示法のページ(不当表示の処分指導・啓発について) > 令和2年度大学・高校との連携による不当表示広告調査結果について

ページ番号:196712

掲載日:2021年4月13日

ここから本文です。

令和2年度大学・高校との連携による不当表示広告調査結果について

調査の概要 

1 目的

 埼玉県内において、不当景品類及び不当表示防止法(昭和37年法律第134号。以下「景品表示法」という。)に違反する表示・広告等に対する監視を強化するため、大学、高校と連携して精度の高い効果的な調査を実施し、違反事業者に対する是正指導を行う。

また、調査を通じて次代を担う大学生、高校生が不当表示等に関する正しい知識を得ることにより、消費者被害の未然防止を図る。

2 調査内容

 インターネット、スマートフォン、新聞折込チラシ等の媒体における商品・サービス広告のうち不当と思われる表示について、学生・生徒の視点から広く情報を収集し、違反広告の実態を明らかにする。

3 調査協力高校・大学(50音順)

 今年度の調査は、県内高等学校7校及び県内1大学の協力を得て実施した。 

(1)高等学校(7校)

 さいたま市立浦和高等学校

 埼玉県立大宮南高等学校

 埼玉県立桶川西高等学校

 埼玉県立蓮田松韻高等学校

 埼玉県立浦和第一女子高等学校(定時制) 

 埼玉県立大宮工業高等学校(定時制)

 埼玉県立熊谷高等学校(定時制)

 (2) 県内大学(1大学)

 城西大学薬学部医療栄養学科

4 調査対象

特定の商品類は指定しない。

(城西大学は、食品表示に限定。)

5 調査媒体

(1)インターネットの広告(メールマガジン等の広告を含む)

(2)スマートフォンの広告(メールマガジン、情報発信アプリ等の広告を含む)

(3)新聞紙上の掲載広告

(4)新聞折り込みチラシ(調査学生・生徒の自宅のチラシ)

(5)雑誌(週刊誌、ファッション誌、情報紙等)の掲載広告

(6)フリーペーパーやミニコミ誌の掲載広告

(7)店頭の広告

 6 調査実施期間

 令和2年7月から令和3年1月

 7 実施

 説明会や調査等については次のとおり実施した。

(1)高校  

実施日

項目

内容

7月2日 県高校教育指導課

7月7日 大宮南高校

7月20日 大宮工業高校

7月29日 熊谷高校

8月7日 桶川西高校

8月24日 浦和第一女子高校

8月26日 市立浦和高校

調査趣旨説明・事前打ち合わせ

学校への調査の趣旨説明

(場所)各高校等

学校長への調査協力依頼

7月29日 大宮南高校

10月14日 大宮工業高校

12月21日 浦和第一女子高校

12月22日 熊谷高校

12月24日 桶川西高校

生徒向けガイダンス

 市立浦和高校は、教員によるガイダンスを実施。

 蓮田松韻高校は、県の委託事業として弁護士による講座を実施。

不当表示とは何か、調査方法等を説明

(場所)各高校

7月~1月

調査実施

不当表示と思われる広告の調査・収集を実施

調査書作成

9月~1月

調査書提出

学校報告書提出

 

 

 

(2) 大学  

実施日

項目

内容

7月22日 城西大学

調査趣旨説明・事前打合せ

学部長への調査協力依頼

8月5日 城西大学

学生向けガイダンス

(Zoomを利用したオンライン講義)

景品表示法の趣旨、不当表示とは何か、調査方法等を説明、質疑応答

7月~8月

調査実施

不当表示と思われる広告の調査・収集を実施

調査書作成

8月

調査書提出

学校報告書提出

 

 

 調査結果

1調査参加人数と報告件数等

 高校生1,031名(7校)、大学生167名(1大学)の計1,198名から1,198件の調査報告書の提出を受けた。

高校名

報告書提出者数

報告件数

市立浦和高校

304

304

大宮南高校

357

357

桶川西高校

144

144

蓮田松韻高校

176

176

浦和第一女子高校

24

24

大宮工業高校

8

8

熊谷高校

18

18

城西大学

167

167

1、198

1、198

2広告媒体別件数等

 報告があった1,198件を掲載された媒体別に集計したところ、インターネットの広告が661件と最も多く55.2%を占めた。次いでスマートフォンの広告が438件、新聞広告が53件、折込チラシが31件の順となっている。
 1,198件のうち不当表示のおそれがあると思われるものは計976件であり、そのうちインターネット及びスマートフォンによるものが926件と94.9%を占めている。

広告媒体

報告件数

不当表示のおそれがあると思われる件数

インターネット

661

557

スマートフォン

438

369

新聞

53

25

折込

31

18

雑誌

5

4

フリーペーパー

5

2

店頭

2

0

その他

3

1

合計

1、198

976

r2houkokubaitair2hutoubaitai

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3商品・サービス別件数等

報告があった1,198件を商品・サービス別に集計したところ、ダイエット関係が530件と最も多く4割以上を占めた。次いで美容関係271件、筋肉増強関係131件の順となっている。

不当表示と思われる976件の内訳は、ダイエット関係が494件であり、次いで美容関係228件、筋肉増強関係123件の順となっている。こうした分野の不当表示のおそれがある広告が若者の身近に非常に多くあることがうかがわれる。   

商品・サービス分類

報告件数

不当表示のおそれがあると思われる件数

ダイエット

530

494

美容

271

228

筋肉増強

131

123

健康

84

66

衛生用品

21

17

豊胸

18

16

伸長

12

8

開運

8

4

一般食品 ※

14

3

ゲーム

10

2

家電

14

2

学力

4

1

その他

81

12

合計

1、198

976

※ダイエット、美容、健康関係の食品を除く

r2houkokushouhinr2hutoushouhin

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

4事業者の状況

報告があった1,198件を事業者別に集計したところ、同一商品の報告の重複により、976事業者となった。976事業者のうち、不当表示のおそれがあると思われるものは計222事業者であった。

5違反被疑表示事例と指摘事項

報告のあった表示事例のうち、主な違反のおそれのある事例と学生・生徒の指摘事項については、次のとおりである。  

商品分類

表示事例

学生・生徒の指摘事項

ダイエット

「みなさん例外なく『飲むだけで10キロ近く減量できた』」

絶対に例外なく飲むだけで10キロ痩せるなんてあり得ないと思った。もし元々30キロくらいの痩せ型の人がこのサプリを飲んだら、20キロになるということになる。絶対にあり得ない。

美容

「たった5分で毛穴レス」

毎日使い続けることで効果が出てくるものを、たった1日で効果を感じられるように書いていることは良くない。

筋肉増強

「50キロのダンベル、これを100回持ち上げるのに必要な筋肉弾力エネルギーを2粒に集約しました。」

飲むだけで筋肉がつくなんて、そんなことがあるのかと信じられなかった。

健康

「飲んで2日で痛みが治った」

サプリメントを飲んで2日で痛みが治るものなのか。

衛生用品

「口臭のもとをごっそり取り除く」

1回で口臭が全部取れるとは思えない。

開運

「大黒天の力と占い師のスキルを融合させ、金運上昇に大いに効果のある占術を完成させました。」

そもそも金運なんて人の力でどうにかなるものなのだろうか。

学力

「○○大学合格日本一!」

本当に日本一の合格実績があるのか不明。他の学習塾と併用している人も多いので、どのように合格実績を集計しているのか疑問。

伸長

「子供のうちなら身長は簡単に伸びる!」

小学4年生から高校2年生まで7年間経てば、この商品を飲んでも飲まなくても背は伸びる。

その他

「堂々5冠達成! ※自社調べ」

いろいろなサイトに「売り上げランキングNo.1」があるので、どの商品がNo.1なのかわからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和2年度不当表示広告調査結果報告書(PDF:5,384KB)(別ウィンドウで開きます)

6消費生活課の対応

県では、報告があった1,198件を精査し、19事業者に対して文書による行政指導を行った。

参考資料

実際にガイダンスや授業で使用した「調査票」と資料です。
資料は、広告を見る上での注意点を1枚にまとめたものです。ホームページを御覧の方が本調査結果とあわせて御活用いただければ幸いです。

不当表示広告調査調査票(PDF:70KB)(別ウィンドウで開きます)

資料「広告を見るときの注意点」(別ウィンドウで開きます)

 

 県では、不当表示広告調査に協力いただける高校・大学を募集しています。
 詳しくは、事業者指導担当(電話048-830-2934)までお問い合わせください。

不当表示広告調査PRチラシ(別ウィンドウで開きます)

 

お問い合わせ

県民生活部 消費生活課 事業者指導担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎3階

ファックス:048-830-4750

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?