トップページ > くらし・環境 > 人権 > 男女共同参画 > 「埼玉県荻野吟子賞」について

ページ番号:41543

掲載日:2022年6月30日

ここから本文です。

「埼玉県荻野吟子賞」について

埼玉県では、本県出身で日本で最初の公認女性医師となった「荻野吟子(おぎのぎんこ)」にちなみ、その不屈の精神を今に伝える先駆的な活動を通して、男女共同参画の推進に顕著な功績のあった個人や団体、事業所に「埼玉県荻野吟子賞」を贈っています。

なお「埼玉県荻野吟子賞」は、これまでの「さいたま輝き荻野吟子賞」(平成17年度創設)から個人・団体部門について対象を見直し、名称変更しました。

 

 

令和4年度「埼玉県荻野吟子賞」表彰候補者の募集を開始します

1 表彰対象

部門 対象

個人・団体部門

・大賞
・奨励賞

先駆的な活動などによりに各分野で特に功績が著しく、今後の活躍が期待できる以下の個人又は団体
・県内に在住(勤・学)又は県出身の個人
・県内に所在する団体

いきいき職場部門

いきいき職場部門賞

県内に所在し、女性の能力活用、男女の職域拡大又は仕事と子育て、家庭生活との両立支援など男女が共同して参画することができる職場づくりに積極的に取り組んでいる事業所

 

※1:公務の一環として行っている活動は対象となりません

※2:表彰対象とするにふさわしくない行為があったときは、表彰の対象としないことがあります

2 応募方法

様式に必要事項を記入(推薦理由等も記入してください)の上、「3応募先」まで応募してください。

  • 個人・団体部門

 市町村、団体又は県民による推薦(様式による情報提供も可)

  • いきいき職場部門

 市町村、団体、事業所、県民又は地域振興センター所長(事務所長を含む)による推薦(自薦も可)

 

※様式はこちら:推薦書(ワード:30KB) 推薦書(PDF:366KB)

※詳細はこちら:リーフレット(PDF:6,604KB)

3 応募先

〒330-9301 さいたま市浦和区高砂3-15-1

埼玉県県民生活部人権・男女共同参画課 荻野吟子賞係

電話:048-830-2921

ファックス:048-830-4755

E-mail:a2250-05@pref.saitama.lg.jp

4 募集期間

令和4年7月15日(金曜日)~令和4年9月30日(金曜日)(消印有効)

5 選考方法

埼玉県荻野吟子賞選考委員会での審査を経て、埼玉県知事が決定

6 表彰

令和5年2月に表彰式を行う予定です。受賞者には賞状と記念品を贈呈します。

令和3年度埼玉県荻野吟子賞受賞者

埼玉県は「令和3年度埼玉県荻野吟子賞」の受賞者として個人1名、1団体、2事業所を決定しました。

受賞者及び受賞理由は以下のとおりです。

大賞(個人・団体部門)1名、1団体 (敬称略)

佐藤 麻里子(さとう まりこ)令和3年度受賞者1

(有)佐藤酒造店杜氏。大学在学中に、彩の国酒造り学校で酒造りを学び、平成27年に実家である(有)佐藤酒造店に入社。酒造りは男性が行うものという考えが強い酒造業界において、県内初の女性杜氏となり酒造りの責任者として蔵人を率いる。2019年、2020年には全国燗酒コンテストで金賞を受賞。

日本酒需要が低迷する中、女性や若い世代のニーズに応える酒造りに取り組み、自ら新商品の開発やデザインも手掛ける。(越生町在住)

 

サイタマ・レディース経営者クラブ令和3年度受賞者2

女性経営者異業種交流団体。県が実施した「レディース・トップ・スクール」 の修了生が集い、昭和62年に設立。都道府県レベルとしては全国初の女性経営者・幹部による異業種交流グループ。

女性経営者・起業家育成に向け、勉強会や講演会、異業種交流を実施し、女性活躍を推進。

若い世代の育成にも尽力し、県内大学の「ダイバーシティ」を学ぶ講義や県内高校の経営を学ぶ授業への協力を行っている。(越谷市)

奨励賞(個人・団体部門)1名 (敬称略)

山守 瑠奈(やまもり るな)令和3年度受賞者3

京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所 助教。海洋生物の生態・環境保全を研究。

女性の少ないフィールド科学分野において先駆的な研究に取り組み、多数の功績を収めている。(2020年度日本学術振興会育志賞、2021年度日本ベントス学会奨励賞など)

中高生に対し、性別を問わずフィールド科学分野に興味を持ってもらえるよう、出前授業や講演・交流会等に積極的に参加している。(朝霞市出身)

いきいき職場部門賞(いきいき職場部門)2事業所 (五十音順)

有限会社福祉ネットワークさくら(さいたま市浦和区)令和3年度受賞者4

福祉サービス事業。子供が小さいうちは非常勤パートとして、子供の手が離れたら再び正社員に、そして管理職といった働き方が可能。柔軟な働き方制度の導入は、ライフステージの変化による離職を防いでいる。

業務上必要な資格取得に係る受講料も会社が負担。女性のための多くの取組が今では男性にとっても活用しやすい制度となり、男女ともに働きやすい職場環境を提供している。

 

株式会社矢口造園(北本市)令和3年度受賞者5

造園土木工事業、公園管理。女性の少ない造園業界において、女性が働きやすい職場環境づくりに取り組み、女性の新規採用や正社員登用に繋げている。

独自の業務管理システムを導入し、業務の効率化を図り残業時間を大幅に削減するなど仕事と家庭の両立を支援。また、家庭の事情に応じて柔軟な勤務時間も設定が可能。業界で必要な資格を会社負担で取得でき、女性社員が多くの資格を得て現場で活躍している。

受賞者の活動紹介

第15回さいたま輝き荻野吟子賞さわやかチャレンジ部門

   石田七瀬さん  講演   「ものづくりコーディネーターの活動」

     町工場のサポートや地域での子育てについてお話しいただきました!

   動画はこちら https://youtu.be/cbdLB0VLl_s     テキスト(PDF:170KB)

過去の受賞者

第1回~第16回の受賞者(PDF:201KB)

お問い合わせ

県民生活部 人権・男女共同参画課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎3階

ファックス:048-830-4755

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?