Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2019年8月6日

青少年相談員について

青少年相談員って何ですか?

 埼玉県知事からの委嘱を受け、地域の子供たちのよき友、よき理解者となって、子供たちの健やかな成長をサポートするため様々な活動をするボランティア(満18歳~36歳までの男女)です。原則、居住している市町村の中で活動していただきます。

 平成31年4月1日現在、700名(男性389名、女性311名)の青少年相談員が各市町村で活躍しています。各市町村の委嘱人数を知りたい方はこちら(PDF:120KB)からPDF形式でご覧いただけます。

青少年相談員の信条

(1)われら青少年相談員はあたたかい思いやりと誠実をもって、青少年の友となります。

(2)われら青少年相談員は常に人間の可能性と価値とを信じ、青少年の力となります。

(3)われら青少年相談員は自覚と誇りをもって、明るい社会作りのために励まし合います。

青少年相談員の愛称

「彩の国すくすくfriends」

青少年相談員キャッチフレーズ

「若い力と子どもの目線 結んで伸びる彩の国」

 

青少年相談員設置の経緯

 埼玉県青少年相談員とは、青少年の健やかな成長を助けることを目的として、昭和40年度に埼玉県が設けた制度です。その根拠は「埼玉県青少年相談員設置要綱(PDF:125KB)」に定められています。

 

青少年相談員の性格

 青少年相談員の活動はボランティアです。つまり他の者から強制されることなしに、自らの発意と情熱に基づいて、活動する性格を持っています。また、一方で知事の委嘱に基づき活動するといった一般的なボランティアとは違った面も持っています。

 ボランティア活動は、自らの発意といっても、活動の対象や、活動のすすめ方には一定のルールがありますが、青少年相談員は青少年を相手にしたボランティアであることから、より一層の自覚と責任をもって活動することが必要となります。

 

青少年相談員の資格要件

以下の2つの条件を満たしていることが必要です。

(1)年齢:委嘱を受けようとする月の1日現在で、18歳以上(高校生を除く)から36歳以下の方。

(2)その他:原則、居住又は通勤・通学している埼玉県内の市町村で、活動に積極的に参加できる方。

原則、上記の基準を満たしていれば、学歴、職業等を問いません。ただし、20歳未満(18歳、19歳)の方については、十分に意欲があり、継続的な活動が期待できること、また、30歳を超える方(31歳から36歳)については、特に青少年活動に対して熱意があり、他の模範となるような活動の実績がある方、または、青少年相談員の委嘱を受けることによりその活動に一層の期待が持てる方であることが望ましいです。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民生活部 青少年課 健全育成支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?