トップページ > 文化・教育 > 文化 > 文化芸術活動への助成 > 他団体の助成・支援制度について

ページ番号:215133

掲載日:2024年1月31日

ここから本文です。

他団体の助成・支援制度について

県以外の文化芸術活動への助成・支援制度について紹介しています。
制度の詳細については、支援団体のホームページでご確認ください。

目次

ピックアップ

文化庁「令和6年度アーティスト・イン・レジデンス型地域協働支援事業」新規・更新箇所

文化庁より、「令和6年度アーティスト・イン・レジデンス型地域協働支援事業」の募集開始の案内がございました。
申請を希望される場合は、直接文化庁へお問合せ・申請してください。

○応募書類の受付期間:令和6年1月24日(水曜日)~令和6年2月13日(火曜日)14時必着

公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団「第44回伝統文化ポーラ賞」新規・更新箇所

公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団より、「第44回伝統文化ポーラ賞」の案内がございました。
推薦書の提出、お問合せは直接財団に行ってください。

○概要
無形の伝統文化の保存・振興をはかるため、伝統工芸技術、伝統芸能、民俗芸能・行事の各分野で伝承・振興活動および保存・研究活動に貢献され、今後も活躍が期待できる個人または団体を表彰。
※自薦は除外とし、第三者からの推薦を必要とします。
○締切期日:令和6年3月31日(日曜日)消印有効

令和6年度伝統文化親子教室事業(地域展開型)の募集開始

文化庁から事務局を委託されている株式会社KBCより、「令和6年度伝統文化親子教室事業(地域展開型)」の案内がございました。
事業の詳細については、以下のホームページを御参照ください。
伝統文化親子教室事業(地域展開型)事務局ホームページ

申請を希望される場合は、直接お問合せ・申請してください。
募集期間:令和6年1月15日(月曜日)~令和6年2月16日(金曜日)(15時必着)
※締切り時間を過ぎての受領は一切認められませんので、余裕をもって御提出ください。

県がとりまとめを行う助成制度

支援団体 事業名 対象 概要
一般財団法人地域創造 地域伝統芸能等保存事業 地方公共団体等
  1. 地方フェスティバル事業
  2. 映像記録保存事業
  3. 保存・継承活動支援事業
一般財団法人地域創造 地域の文化・芸術活動助成事業 地方公共団体等
  1. 創造プログラム
  2. 連携プログラム
  3. 研修プログラム
  4. 公立文化施設活性化計画プログラム
一般財団法人自治総合センター

コミュニティ助成事業

「地域の芸術環境づくり助成事業」

地方公共団体等 企画制作能力の向上及び公立文化施設の利活用の推進等を図るため、自ら企画・制作する音楽、演劇、ダンス、古典芸能、美術文化などの文化・芸術事業のうち、「地域交流プログラム」を伴うソフト事業に助成。
公益財団法人明治安田クオリティオブライフ文化財団 地域の伝統文化分野への助成 文化団体・個人 古来各地に伝わる「民俗芸能」ならびに「民俗技術」の継承、とくに後継者育成のための諸活動に努力をしている団体または個人を助成。

申込に際しては、市町村教育委員会、公立博物館、学識経験者等からの推薦ならびに各都道府県教育委員会または知事部局の文化関係所管課の推薦が必要です。

公益財団法人三井住友海上文化財団 文化の国際交流活動に対する助成 文化団体等 地域における文化の振興のため、音楽・郷土芸能の分野で、有意義な国際交流活動をおこなうアマチュア団体に対し助成。

県がとりまとめを行う公演等

支援団体 事業名 対象 概要
一般財団法人自治総合センター 宝くじ文化公演事業 地方公共団体等
  1. 宝くじ文化公演
  2. 宝くじふるさとワクワク劇場
  3. 宝くじまちの音楽会
  4. 宝くじおしゃべり音楽館
国立映画アーカイブ 優秀映画鑑賞推進事業 地方公共団体等

文化庁と日本各地の文化施設と連携・協力して、所蔵映画フィルムの巡回上映を全国の会場で実施。

国等が実施する助成制度・研修会等(直接申請してください)

文化庁が実施する事業については、文化庁ホームページよりご確認ください。

財団等が実施する助成制度(直接申請してください)

文化庁ホームページ  芸術文化助成財団協議会:会員財団事業案内

上記以外の助成制度

お問い合わせ

県民生活部 文化振興課 文化振興担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

ファックス:048-830-4752

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?