トップページ > 文化・教育 > 文化 > 顕彰事業・イベント > 彩の国さいたま童謡コンサート

ページ番号:145290

掲載日:2021年10月12日

ここから本文です。

彩の国さいたま童謡コンサート

彩の国さいたま童謡コンサートとは

埼玉県には、「たなばたさま」を作曲した下總皖一や「靴が鳴る」を作詞した清水かつらなど、偉大な作曲家がいます。また、県内各地を題材とした童謡が数多く残されています。
「彩の国さいたま童謡コンサート」は、童謡を守り育て、子どもたちの世代へ伝えていくことを目的として開催するコンサートです。

彩の国さいたま童謡コンサート2021を開催します

コンサート概要

開催日時

2021年11月23日(火曜日・祝日)14時開演/16時終演予定

※13時開場

鑑賞のお申込み

開催場所

和光市民文化センター サンアゼリア 大ホール(埼玉県和光市広沢1-5)

和光市民文化センター サンアゼリア ホームページ

アクセス

東武東上線・東京メトロ有楽町線/副都心線「和光市駅」南口から徒歩13分

対象

どなたでも(未就学児もご入場いただけます。)

入場料

無料(全席指定)

※事前の申込が必要です。申込多数の場合抽選となります。

プログラム  ※プログラムの順番が変更になりました

第1部 吹奏楽演奏とカラーガード隊の演技

出演:埼玉県警察音楽隊・カラーガード隊

埼玉県警察音楽隊の写真埼玉県警察音楽隊は、県民の皆さんと警察を結ぶ「音の懸け橋」として、安全で安心して暮らせるまちづくりのために、演奏・演技を通じて、幅広い広報活動を行っています。主な演奏活動は、県内の公的な行事、交通安全・防犯運動などの催しでの演奏や、県内の小・中学校、特別支援学校等での音楽鑑賞会です。吹奏楽の演奏のほか、カラーガード隊のフラッグ演技や街頭におけるパレードも行い、子供さんからお年寄りまで、大勢の皆さんに鑑賞していただいています。

第2部 オープニング

出演:うずら&みどりのそよ風児童合唱団うずら&みどりのそよ風児童合唱団の写真

和光市ゆかりの童謡詩人「清水かつら」の作品を中心に歌う合唱団です。
童謡詩劇『うずら』やオペラにも多数出演。和光市のイベントや福祉施設で公演活動も行っています。 これからもいろんなことにチャレンジしたいです。

第2部 歌のステージ

出演:山田姉妹

山田姉妹二卵性の双子ソプラノデュオ。共に音楽大学声楽科卒業。二期会オペラ研修所マスタークラス修了時、共に優秀賞を受賞。2017 年 2 月にメジャーデビュー。2020年3 月に4枚目のNEWアルバムをリリース。 NHK「うたコン」等、メディアにも多数出演するほか、全国各地で公演活動中。姉の華は、東京藝術大学声楽科卒業。在学中に安宅賞を受賞。妹の麗は、国立音楽大学声楽科、及びオペラ・ソリストコースを首席卒業。卒業時に武岡賞を受賞。

鑑賞のお申込み

ウェブサイトあるいはハガキでお申し込みください。

代表者を含め4名様までお申込みできます。お申込みは1組1回までです

応募方法

(1)ウェブサイトから応募

電子申請

応募はこちらから(電子申請・届出サービス)(別ウィンドウで開きます)

 

(2)ハガキで応募

  1. 代表者の氏名(ふりがな)、郵便番号、住所、電話番号
  2. 鑑賞希望者全員(代表者含め4名まで可)の氏名(ふりがな)、電話番号
  3. 座席配慮の希望(手話通訳、盲導犬、車いす利用の有無など)

宛先:〒330-9301(住所記入不要)埼玉県文化振興課「童謡コンサート係」

応募期間

9月22日(水曜日)~10月22日(金曜日)まで(必着)

備考

  • 申込多数の場合は抽選となります。
  • 当選されたグループの代表者へ11月5日(金曜日)頃に入場整理券をお送りします。
  • 入場整理券をお持ちでない方の入場はできません。

主催等

主催:埼玉県

共催:和光市・公益財団法人 和光市文化振興課公社

過去の様子

文化振興基金について文化振興基金マーク

この事業は、埼玉県文化振興基金を活用した事業です。

埼玉県文化振興基金は、皆様の寄附金と県の出資金で成り立っている基金です。

埼玉県文化振興基金を活用した事業や寄付については、こちらをご覧ください。

埼玉県文化振興課基金の内容



お問い合わせ

県民生活部 文化振興課 文化創造・発信担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

ファックス:048-830-4752

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?