• トップページ
  • センターの概要
  • 施設の利用
  • 講座・イベント
  • 情報ライブラリー
  • 相談室
  • 活動支援

With You さいたま > 講座・イベント > 講座終了報告 > 平成29年度 > 県民のための医療セミナー「もっと知ってほしい小児がんのこと」

ここから本文です。

 

掲載日:2017年10月7日

県民のための医療セミナー「もっと知ってほしい小児がんのこと」

日時

平成29年9月23日(土曜日)13時30分から15時30分

場所 埼玉県男女共同参画推進センター(With You さいたま)
参加者

63人

内容

   埼玉県立小児医療センター、認定NPO法人キャンサーネットジャパンと共催で、「小児がん」をテーマに医療セミナーを行いました。
   前半は「もっと知ってほしい小児がんのこと」というテーマで、小児がんについて学び、後半は支援の一つ、「レモネードスタンド」を参加者みんなで実際に体験しました。
   生涯で何らかの癌にかかる人は今や2人に1人。その中でも、大人になる前にかかる「がん」の総称である「小児がん」には、日本では毎年約2000人から2500人の子どもが診断されているといいます。今回この講座で、小児がんについて学び、頑張って闘っている子どもたちがたくさんいることを知りました。この講座が、小児がんの子たちを特別視するのではなく、同じ仲間として支えるきっかけになればいいなと思います。

授業   ”小児がん”ってどんな病気?

小児がんセミナー荒川先生講師:埼玉県立小児医療センター 血液・腫瘍科   荒川 ゆうき 医長

   今回の参加者は小学生から大人まで。荒川先生は、「小児がん」を易しい言葉を使い、「がんとは何か」に始まり、「小児がんの特徴」をわかりやすく説明してくださいました。そして、小児がんは完治率が高いというデータも示され、「小児がん」は怖いものという偏見を払拭してくれました。がんに対してマイナスのイメージをなくし、正しい理解へと導いてくれるお話でした。
   一方、子どもたちはつらい治療に弱音を吐かず頑張っているなど、病院での生活についてもお話しいただき、周りの人たちで支えていくことの必要性も訴えられました。

体験談   僕・私の”小児がん”

小児がんセミナー間中さん発表者:間中 るなさん

   中学2年生での「小児がん」発症から完治までの体験を語っていただきました。
   治療はつらかったけれど、病気を乗り越えられたのは、看護師さんや、病院で新しくできた同じように病気と闘っている友達、そして支援学校の先生たちが支えてくれたから。入院生活は決してマイナスではなく、自分を見つめ直し、変わるきっかけを与えてくれたそうです。病気をしたからこそ出会えた人たちとの出会いや経験を糧として、高校生になった今、「医者になる」という新たな夢に向かって頑張っていると語る間中さんの姿は、今病気と闘っている人だけでなく、講座に参加した人たちすべてに勇気を与えてくれるものでした。

レモネード体験   小児がん支援のレモネードスタンドを開催してみよう!

レモネードスタンド開催   グループに分かれ、レモン汁と砂糖に水を加えてレモネードを作ります。まずは試飲。なかなか美味しいレモネードができたようです。
   次に、見学者の方達をお客さんに、レモネードスタンド模擬店の開催です。レモネードをお盆に載せて、寄付を呼びかけます。

   小児がんの女の子の「酸っぱいレモンをもらったら、甘くておいしいレモネードを作ればいいのよ。」という言葉から始まった「レモネードスタンド」支援の活動。たとえどんな困難にあっても、それを変える方法はある。簡単に作れ、簡単に開催でき、小児がんの子どもたちに夢と勇気を与えるこの活動が拡がっていくといいですね。 

レモネードスタンド材料

レモネード作成

レモネードスタンド模擬店

参加者の声

  • 今まで、ガンはマイナスなイメージしかなかったけど、ガンになって分かったことや、ガンになったからできることなどたくさん知れてよかったです。今お兄ちゃんがガンなのでがんばってほしいです。(中学生・女子)
  • 小児がんは(ガン含め)不治の病気というイメージがあったが、どんどん治る確率は上がっていることを知って、ガンについてのイメージが変わった。「ガンをマイナスなことととらえない」という言葉が印象に残っている。 (大学生・女子)
  • TVで見た事がありましたが、日本でこの活動が行われている事は知りませんでした。私もそうでしたが、あまりにも小児がんの事もレモネードスタンドの事も知らなすぎると思います。もっともっと情報を広めてほしいと思います。 (一般・女性)
  • レモネード作りはとても簡単でおいしくできました。高校の文化祭でやってみたいと強く思いました。一つ一つは小さな取組でもたくさんの人の支援の気持ちを集められるのだと驚きました。レモネードスタンドについて知らない人も少なくないと思います。私自身がレモネードスタンドを広げるきっかけになれたらと感じました。文化祭でできるよう頑張ってみます。(高校生・女子)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民生活部 男女共同参画推進センター 事業・相談担当

郵便番号330-0081 埼玉県さいたま市中央区新都心2‐2 ホテルブリランテ武蔵野3階

電話:048-601-3111

ファックス:048-600-3802

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?