Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 生活衛生 > 水道の安全性・検査機関等 > 井戸水を使うときは、こんな点に注意してください。

ここから本文です。

 

掲載日:2016年2月12日

井戸水を使うときは、こんな点に注意してください。

きれいな水を安心して飲むために!!

埼玉県の平野部においても、最近はトリクロロエチレン等の化学物質や雑排水等の汚水の地下浸透による汚染が見受けられていますので、どこでも安心して井戸水を飲めるわけではありません。

リーフレット「井戸水を使用する皆様へ」(PDF:297KB)

井戸水の衛生管理のポイント4ヵ条

正しい井戸の管理をするために、次の4ヵ条を厳守してください。

水の検査のイラスト

第1条 水質検査を受けましょう

定期的(1年に1回)に水質検査を受けましょう。

水質検査は、最寄りの保健所で受け付けています。

第2条 井戸の回りの点検をしましょう

井戸の回りに、水を汚染するような雑排水の浸透ますや汲み取り式のトイレ等はありませんか。

また、井戸には柵をして、必ず鍵をかけ、いたずらをされないようにしましょう。

第3条 水は消毒してから飲みましょう

きれいに見える井戸水にも、食中毒や感染症を起こす目に見えない病原菌が含まれていることもあり、注意が必要です。

飲用するときには消毒設備を付け、消毒の効果を確認しましょう。

消毒装置のイラスト

第4条 おかしいと思ったら、すぐに保健所へ

水に異常があった時には飲むのをやめて、すぐに保健所へ相談してください。

水道の入っている地域にお住まいの皆様へ

水道の給水区域内にお住まいの皆様は、水道を利用するようにしましょう。

水道の給水区域内であれば、市町村などの水道事業者に申込をすれば給水が受けられるようになっています。

水道事業者は、定期的に水質検査を実施して安全を確認し、皆様の御家庭まで責任を持って、水質基準に適合した水を送っています。

主な水質の基準

飲料水の水質基準は51項目が水道法で定められています。保健所では以下の13項目の検査を受け付けています。(水質基準項目でない2項目を含みます。)

主な水質の基準

No

項目名

基準値

解説

1

一般細菌

100個/mL以下

一般細菌が多い水は、汚水等に汚染された可能性があります。

2

大腸菌

検出されないこと

大腸菌のすべてに病原性があるわけではありませんが、検出された場合には、糞便による汚染を受けたことが考えられます。

3 亜硝酸態窒素

0.04mg/L以下

生活排水、下水、肥料などに由来する有機性窒素化合物が、水や土壌中で分解される過程でつくられます。(平成26年4月1日から基準に追加されました。)

4

硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素

10mg/L以下

多量に含む水を飲むと、乳児では※メトヘモグロビン血症を起こした事例が報告されています。

5

塩化物イオン

200mg/L以下

下水、家庭排水、工場排水及びし尿などからの混入によって検出され、高濃度に含まれると味覚を損なう原因となります。 

6

有機物〔全有機炭素(TOC)の量〕

3mg/L以下

土壌に起因するほか、し尿、下水、工場排水などの混入によっても増加します。水道水中に多いと渋みをつけます。

7

pH値

5.8~8.6

特にpH値が低い場合は、管等がさびやすくなります。

8

異常でないこと

下水や油、薬品の味がしたら要注意です。

9

臭気

異常でないこと

下水や油、薬品の臭いがしたら要注意です。

10

色度

5度以下

金属等によって水に色がつく場合があります。

  • 赤い水-配管のさびや鉄分が多い
  • 黒い水-地下水にマンガンが多い
  • 白い水-小さい空気の泡、配管からの亜鉛の溶出
  • 青い水-配管からの銅の溶出

11

濁度

2度以下

濁りの原因は、主に土砂によるものですが、種々の排水の混入などによる場合もあります。  

12

残留塩素

0.1mg/L以上

消毒の効果を確認するものです。水質基準項目ではありません。

13

アンモニア態窒素

 

検出された場合は、細菌汚染の疑いがあります。水質基準項目ではありません。

※メトヘモグロビン血症とは、血液中で酸素を運ぶヘモグロビンが酸化されメトヘモグロビンになり、体の中への酸素の供給が少なくなるためにチアノーゼを起こす疾患。

  • 水質基準は上の表のNo.1~11の項目以外に重金属や揮発性有機化合物など全部で51項目あります。
    飲用に適するためには51項目全てが水質基準に適合していなくてはなりません。
  • 保健所では、上の表の13項目の水質検査を受け付けています。
    受付日と時間は保健所によって異なりますので各保健所にお問い合わせください。
  • 13項目の検査手数料は9,620円です。
    水を入れる容器は専用のものがありますので前もって保健所に取りに来て下さい。
  • 水質基準51項目の検査は、次の機関で検査を受け付けています。
    埼玉県衛生研究所
    〒355-0133吉見町江和井410-1
    Tel0493-59-9416

埼玉県自家用水道条例について

地下水等を利用して一定数以上の人に給水する施設には、「埼玉県自家用水道条例」が適用されます。

条例のあらまし

  • 適用人数:50人以上又は10世帯以上。
  • 設置者の義務:
    • (1)確認申請/施設を設置する前に、保健所長へ確認申請が必要です。
    • (2)水質検査/年2回以上、水質検査を受けること。必要な項目は、保健所にお問い合わせください。
    • (3)施設の管理/次亜塩素酸ナトリウム等で消毒してから水を供給すること。人畜が入らないように、柵等をもうけること。

詳しくは、地域を所轄する保健所にお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部 生活衛生課 水道担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

電話:048-830-3615

ファックス:048-824-2194

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?