トップページ > 研究開発 > 研究評価 > 平成29年度 研究課題の事後評価について

 

掲載日:2018年12月20日

目的別ご案内

お客様の目的に応じた支援メニューをご案内します。

初めての方はこちらから

お問い合わせ

こんな課題がある、こんなことで困っている、などありませんか?

お問い合わせはこちらから

ここから本文です。

平成29年度 研究課題の事後評価について

平成29年度に終了した、産業支援を目的とした研究課題の成果を確認するために、事後評価委員会を開催しました。概要は次のとおりです。
なお、当該委員会は「埼玉県産業技術総合センター研究課題評価実施要綱(PDF:155KB)」に基づいて開催しています。

 日時:平成30年3月6日(木曜日) 13時から
 場所:埼玉県産業技術総合センター本所(川口市)
 委員数:6名(うち5名は外部評価委員)
 課題数:4課題

本研究成果や研究過程で蓄積されたシーズ、また委員からいただいたご助言及び御指導は今後の研究・日常業務の参考とし、

地域の産業振興の支援に積極的に活用していきます。

事後評価結果

平成29年度に実施した産業支援研究の事後評価結果

No

研究課題

総合評価点

1

高周波誘電加熱を利用した異種材料の接合

3.79

2

ハイブリッド繊維強化複合材料の強度向上

4.25

3

導電ネット-ナノ粒子複合体の形成

3.58

4

普及型水蒸気透過度測定装置の開発

4.12

 

※総合評価点について
3つの評価項目(研究方法の適否、研究成果の達成度、研究成果の実用化・市場性) について、評価委員による5段階評価の平均値を算出した。
(5:大いに認められる 4:かなり認められる 3:認められる 2:あまり認められない 1:全く認められない)
ただし、研究成果の実用化・市場性については、重み付けして算出した。

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?