Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

 

掲載日:2020年10月19日

令和2年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(権守幸男議員)

歩行者保護について - 「歩行者ファースト路線」

Q  権守幸男  議員(公明)

県警察は、歩行者保護の定着を図るため、県内39警察署が選定した「歩行者ファースト路線」において指導取締りや啓発、安全教育、標識・標示の維持管理を重点的に行っています。路線の選定基準は5つです。
1、センターラインがある片側1車線道路で、かつ信号機のない横断歩道がある。
2、日中の時間帯で1分間に3~8台の交通量がある。
3、過去に横断歩道上における車両対歩行者事故の発生がある。
4、横断歩道における歩行者優先ルールが徹底されていない実態がある。又は地域住民からの取締り要望がある路線。
5、推進上の利点が期待できる路線。
平成30年度時点では13区間だったものが、今年4月1日から44区間に拡充されています。私は、この路線の選定基準に照らし合わせると、もっと指定するべき路線があると考えます。今後の取組について、警察本部長の見解をお聞きします。

A  高木紳一郎  警察本部長

県警察では、横断歩道の歩行者優先ルールの定着化を図る必要性が高い路線について、歩行者ファースト路線として指定し、街頭キャンペーンや交通指導取締り等の各種取組を重点的に講じております。
平成30年度に指定した13区間の中から抽出した信号機のない横断歩道6箇所において、一時停止率を調査したところ、5箇所で停止率が向上いたしました。
このようなことから、引き続き、この対策を推進し、定期的な検証を基に、取組の更なる改善や新たな路線の指定等を検討してまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。
  • 氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?