埼玉県議会

ここから本文です。

ページ番号:154462

掲載日:2019年7月12日

令和元年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(松澤   正議員)

種子産地への支援について

Q   松澤   正   議員(自民

昨年4月、主要農作物種子法の廃止に伴い、自民党提出議案として他県に先駆けて種子条例を制定し、引き続き県が主体となって種子の生産や供給に係る業務を行うこととなりました。県東部地域は、肥沃な土壌と豊富な水に恵まれた古くからのコシヒカリ産地ですが、中でも私の地元吉川市は、コシヒカリの種子の生産では県内生産量の60%以上を占める重要な種場でもあります。
しかしながら、種子生産者は高齢化しております。種子生産は一般栽培以上に手間がかかることから、新たに取り組む生産者がほとんどなく、後継者不足に悩まされています。安定的な米生産のためには、品質の高い種子が不可欠と考えますが、種子生産を継続的に進めていくために県はどのように支援していくのか、農林部長に伺います。

A   牧   千瑞   農林部長

種子は作物を生産する上で、最も基礎となるものであり、将来に渡って安定的に供給されることが必要です。
そのため、県では「埼玉県主要農作物種子条例」の趣旨を踏まえつつ、平成30年度から「優良種子生産体制強化対策事業」を行っているところです。
この事業では、種子生産の担い手づくり、生産者への専用機械や施設の導入などに対する支援を行っております。
本事業により種子産地の生産体制をしっかりと整備し、今後とも品質の高い種子の安定的な確保・供給に努めてまいります。 

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。
  • 氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。  

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?