環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 研究課題 > 平成28年度研究課題一覧 > 平成28年度研究課題(化学 H28-R01 緊急時大気中化学物質の迅速調査法)

ここから本文です。

 

掲載日:2020年9月9日

環境科学国際センター研究課題(化学物質担当/H28~R1)

緊急時大気中化学物質の迅速調査法の開発とリスク評価

(化学物質担当:茂木、大塚、蓑毛、堀井、竹峰;大気環境担当:野尻/H28~R1)

 工場・事業場で取り扱われる有害化学物質が、事故や災害によって環境へ大量に放出された場合、人に対する健康被害や生態系への影響が懸念されます。ここ十年余り、化学物質排出把握管理促進法(PRTR制度)や埼玉県生活環境保全条例により、一定規模以上の工場等における化学物質の排出・移動量や取扱量を把握できるようになりました。これにより、事故等によって工場等から排出される化学物質の種類や量をある程度予想できると考えられますが、これら化学物質の中には公的な分析方法が確立されておらず、リスク評価が困難なものもあります。本研究では、毒性情報と取扱量からリスクの高い化学物質を抽出し、その大気環境レベルを迅速に把握するための化学物質調査法を開発します。さらに、その方法を用いて取扱工場周辺の平常時の当該化学物質濃度を調べるとともに、リスク評価手法マニュアルを作成します。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?