環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 研究課題 > 平成28年度研究課題(土壌1)

ここから本文です。

 

掲載日:2019年9月11日

環境科学国際センター/平成28年研究課題(土壌1)

平成28年度研究課題

リモートセンシングを援用した埼玉県における地盤変動監視に関する研究

(土壌・地下水・地盤担当:八戸、濱元、石山;研究推進室:白石;温暖化対策担当:原;水環境担当:柿本/H28~30)

埼玉県における地盤沈下はこれまでの施策により軽減化しているものの、渇水年には未だ被害が拡大しています。本県は元々洪水被害の発生しやすい我が国最大の沖積低地の中央部に位置しているため、将来巨大台風が襲来した場合には深刻なダメージを受けやすい。本研究では人工衛星に搭載された合成開口レーダ(SAR)による地盤変動解析技術を援用することにより、埼玉県における地盤沈下問題に関する地域特性を把握し、効率的且つ最適な地盤変動監視について検討します。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?