環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 研究課題 > 平成24年度研究課題一覧 > 平成24年度研究課題(水環 H24-H26 下水処理プロセスにおけるN2O生成)

ここから本文です。

 

掲載日:2020年10月5日

環境科学国際センター研究課題(水環境担当/H24~H26)

下水処理プロセスにおけるN2O生成ポテンシャルの評価

(水環境担当:見島/H24~H26)

 地球温暖化により温室効果ガスの発生抑制は急務の課題となっています。下水処理施設においてもエネルギー消費やN2Oの排出等により、多量の温室効果ガスが発生しています。平成21年度から行った自主研究により、N2O発生機構の大まかな解明や発生抑制方法についての検討を行い、運転条件による発生量の違いや、前駆物質(NO2)の蓄積過程を明らかにしました。本研究では、NO2からN2Oが生成するポテンシャルを測定し、先行研究の成果であるNO2の生成ポテンシャルと組み合わせることで、下水処理プロセスからのN2O発生ポテンシャルを評価することを目的としています。

《研究の概要》(PDF:387KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?