環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 研究課題 > 平成24年度研究課題(土壌・地下水・地盤3)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年6月11日

環境科学国際センター/平成24年度研究課題(土壌・地下水・地盤3)

平成24年度研究課題

微動探査法における深度方向指向性に関する研究

(土壌・地下水・地盤担当:白石/平成23年~平成24年)

微動探査法では、地表面に設置された複数の地震計で構成される地震計アレイを用いて地盤を伝わる表面波の速度を計測し、その結果を解析して地下構造を推定します。地震計アレイは、アレイ形状に応じて深度方向に指向性を持つと考えられていますが、それを表現する理論は未だ存在しません。そのため計測の誤差を正確に評価することは困難な状況にあります。本研究では深度方向指向性を表現する理論を導き、その性質を明らかにします。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?