環境科学国際センター > 環境学習・情報 > 身近な環境観察局ネットワーク

ここから本文です。

 

掲載日:2020年3月6日

身近な環境観察局ネットワーク

身近な環境観察局は、環境に興味や関心がある県内の個人、学校の科学クラブ、各種サークル等に対し、環境に関する簡易な調査法の学習・調査報告・情報交換の機会を提供することにより、より深い環境保全活動や観察局同士のネットワークが形成されることを目的とした、埼玉県環境科学国際センターの環境学習プログラムです。各地で同一の調査を実施することで、各地点の比較ができます。

参加している観察局数

当センターの開設に伴い、平成12年度から調査活動を開始し、平成30年10月1日現在、県内27市町に42局が設置されています。

学習する調査項目

令和元年度(平成31年度)より観察局が行う身近な環境の調査項目と概要は次の通りです。

(1)クビアカツヤカミキリの被害調査

平成31年3月現在、埼玉県内の8市町村127カ所において被害が確認されている特定外来害虫「クビアカツヤカミキリ」を調査します。

自宅や近隣のサクラなどバラ科の樹木にクビアカツヤカミキリによる被害(幼虫による幹の穴、フラスの排出、成虫の存在など)がないかを観察し、発見した場合はセンターに連絡、可能であればその防除活動にも取り組みます。

調査した情報は、発生情報の発信など県全体での防除活動に役立てられます。 

(2)光化学スモッグによるアサガオ被害調査

アサガオは光化学オキシダント(光化学スモッグ)の主成分であるオゾンの発生に反応する指標植物として知られています。アサガオの葉にあらわれる枯れぐあいの状況でどのくらい光化学スモッグが広がっているかを知ることができます。当センターでは一部の県民の皆さまに御協力をいただいて被害状況を観察調査してきました。

令和元年度からは、全県下で詳しい調査を行うべく「身近な環境観察局」の調査項目として、さらに観察地点の拡大をめざします。観察局は種ないし苗からアサガオを育成し、どの程度オゾンに反応したかを基準日に一斉に調査します。

調査した情報は、県全体の大気環境調査に役立てられます。

身近な環境観察局への登録

令和元年度の「クビアカツヤカミキリの被害調査」及び「光化学スモッグによるアサガオ被害調査」にご協力いただけるかたは、まず「身近な環境観察局」への登録が必要です。登録は以下の定例研修会のいずれかに参加していただくか、直接、環境科学国際センター総務・学習・情報担当 0480-73-8363 にご連絡ください。

<令和元年度「身近な環境観察局ネットワーク」研修会> ※終了しました

第1回 5月11日(土曜日)  13時00分~15時30分 研修室1 

第2回 5月12日(日曜日)  13時00分~15時30分 研修室1

第3回 6月8日(土曜日)  13時00分~15時30分 研修室1

※第1、2回研修会では、被害調査用のアサガオの種を配布します。

   第3回研修会では、被害調査用のアサガオの苗を配布します。

上記3回の研修会のうち、いずれかの1回を選び、参加してください。

上記以外の研修会についてはお問合せください。10名程度の団体のかたに予約いただいた場合は、当センター内で個別の研修会開催も可能です。

 <観察局登録の単位>

個人、ご家族、団体単位でも登録できます。

身近な環境観察局ネットワーク活動成果発表会

※3月14日(土曜日)に開催を予定していました「身近な環境監察局ネットワーク活動成果発表会」は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の防止という観点から「中止」とさせていただきます。皆さまのご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします

観察会において調査いただいた結果を環境科学国際センターの研究員が報告します。また埼玉県の環境に関する特別講演等も予定しています。日時については別途、発表します。

 

  クビアカ幼虫クビアカ成虫クビアカフラス 

 

 

 

 

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター  

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?