Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月28日

道路占用

県管理道路に水道・電柱・ガス管などを設置し、継続して道路を使用する場合や、建築用足場など一時的に道路を使用する場合は、道路占用許可申請が必要です。
占用許可については、物件・場所により制限が設けられているため、具体的な内容については、事前相談を行ってください。
また、占用物件により「埼玉県道路占用料徴収条例」に定められている占用料がかかります。

道路占用(道路法第32条)

申請書

道路占用許可申請書(エクセル:51KB)

1部

記入例(PDF:250KB)

添付書類

案内図、平面図、縦横断図、保安図、カラー写真、構造図(適宜)

各2部

合併処理浄化槽処理水を道路側溝へ放流するための排水管の占用

道路側溝は路面の雨水排水を目的として設置した施設であり、一般家庭等の生活排水を県管理道路側溝へ放流することは、原則として認めていません。
ただし、下水道の整備がされていない地域で、以下の基準を満たす場合に、浄化槽の放流水を道路側溝へ放流させることを例外として認める場合があります。
放流可能と認められた場合は、道路占用許可の申請が必要となります。

放流可能浄化槽

一戸建て住宅に設置される処理対象人員10人槽以下の小型合併処理浄化槽

放流可能地域

  • 原則として、道路側溝以外に流末を確保することが困難な地域とする。
  • 下水道法第4条第1項の事業計画の認可を受けた地域以外であり、放流が可能な県管理道路側溝である。
  • また、建築物の敷地が、県管理道路に直接2m以上接道している。
    (※放流可能地域の場所については、事務所にてご確認ください。)

建築用足場、工事用仮囲い等の占用

道路敷地外に適当な余地がない場合に限り、必要最小限の面積で建築用足場などの設置、占用を認めています。

歩車道の区別のある道路

歩道上とし、その占用幅は1m以内で、かつ歩道の有効幅員の2分の1以内とする

歩車道の区別のない道路

その占用幅は1m以内で、かつ道路幅員の8分の1以内とする

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県土整備部 川越県土整備事務所 管理担当

郵便番号350-1126 埼玉県川越市旭町二丁目13番6号 川越県土整備事務所

ファックス:049-243-2025

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?