トップページ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 産業労働部 > 産業労働部の地域機関 > 職業能力開発センター > 令和5年度委託訓練(長期高度人材育成コース)の開講講座

ページ番号:70660

掲載日:2022年11月16日

ここから本文です。

令和5年度委託訓練(長期高度人材育成コース)の開講講座

 令和5年度委託訓練(長期高度人材育成コース)の訓練生募集を以下のとおり実施します。

情報については、随時更新していきます。

 

募集期間

 令和5年1月10日(火曜日)から令和5年2月10日(金曜日)(予定)

 

開講予定講座の分野及び講座数

分野名 講座数 総定員(予定)
介護福祉士養成 6講座 41人
保育士養成 8講座 60人
その他の分野(デジタル分野) 2講座 35人
その他の分野(調理師養成) 2講座 28人
その他の分野(栄養士養成) 2講座
その他の分野(医療事務系) 1講座

 

講座の概要

はじめに

公共職業訓練(委託訓練)は、求職者(仕事をお探しの方)を対象に、訓練修了後の就職を支援する目的で実施するものです。また講座運営に要する費用は、税金や、勤労者の皆様が納められた雇用保険料からまかなわれています。こうしたことから、単なる講座受講ではなく、誠意をもって訓練受講に臨み、誠実かつ熱心に求職活動を行い、訓練修了後の就職を目指すことが求められていますので、応募にあたってあらかじめご承知ください。

 

講座の目的

正社員就職を希望する非正規雇用労働者等が、安定した雇用環境への転換を図るため、短期大学や専門学校に入校し、必要なカリキュラム受講修了後、国家資格等を取得し、正社員就職へ結びつけるものです。

  

 受講期間

令和5年4月~令和7年3月の2年間

 

 受講料

無料(但し教科書・教材、実習着、国家資格受験料(一部講座)、学校行事等にかかる費用等は自己負担です。)

 

 講座に関する留意事項

この訓練は、各学校の空き定員を利用し、一般学生と訓練生が一緒に学ぶ形式の講座です。

1日の訓練時間は各学校によって異なるので、「講座概要」で確認してください。(後日掲載予定)

訓練日は、各学校により異なります。月曜日から金曜日を訓練日とする学校のほか、土曜日が訓練日となる学校もあります。

訓練時間は原則として昼間に行われますが、実習については、1日あたりの実習時間が授業時間よりも長い場合、夜間に実施される場合や、宿泊を伴う場合もあります。

各学校が定めた自己負担経費等は、国家資格取得等に必要な経費です。各学校が指定した日時までに納めてください。

学校行事等の参加に係る費用や検定試験、模擬試験の費用、任意に選択科目を履修した場合の費用などは自己負担となります。

補講に係る費用、再試験・追試験に係る費用、再履修に係る費用は自己負担となる場合があります。

オンラインにより訓練が行われる場合の通信費などは、自己負担となります。

※講座概要及び自己負担経費等は、決定次第お知らせします。

 

応募選考方法等

募集期間

令和5年1月10日(火曜日)~令和5年2月10日(金曜日)(予定)

 

応募資格

以下の(1)から(9)までのすべてに該当する方
(1)高等学校卒業以上の学歴の方
(2)ハローワーク(公共職業安定所)に求職の申込みをし、公共職業安定所長の受講指示、受講推薦または支援指示が受けられる方で、訓練開始日に就職していない方
新規学卒者(大学、高等学校等を令和5年3月に卒業見込みの方)及び学卒未就職者で受講申込み時点で卒業後1年以上経過していない方は、本講座に応募することはできません。
※なお、高等学校卒業程度認定試験に合格した方は、合格後1年を経過していなくても、必要な要件を満たしていれば応募することが可能です。
(3)国家資格等、高い知識及び技能を習得し正社員就職を希望する方
(4)当該訓練コースを修了し、対象資格等を取得する明確な意思を有する方
(5)原則として、訓練開始日前の1年以内に「公共職業訓練」又は求職者支援制度の「求職者支援訓練実践コース」を受講していない方
(6)原則として、訓練期間が1年以上の公共職業訓練(委託訓練に限る)を受講していない方
(7)ハローワークにおける職業相談において、ジョブ・カードを活用したキャリアコンサルティングを受け、職業経験の棚卸し及び職業生活設計等の結果、当該訓練の受講が必要と認められる方。なお、キャリアコンサルティングは訓練開始日までに受けることでも可(予約制)。(ただし、これらの要件を満たせない場合は、選考試験に合格していても取消しとなります。)
(8)直近の就業形態において有期労働契約などによる非正規雇用労働者など、就業経験において不安定就労の期間が長いことや安定就労の経験が少ないことにより能力開発機会が乏しかった方、又は、出産・育児等により長期間離職していた女性等の方(ただし介護福祉士養成、保育士養成講座を除く。)
(9)概ね55歳未満の方(ただし介護福祉士養成、保育士養成講座を除く。また概ねの範囲は、求職者の特性に応じてハローワークにおいて個別に判断されます。)
・応募できるのは1講座のみです。(同時に他の職業訓練への応募はできません。)

在職中の方は、入校日前に離職していることが必要です。

※詳細はハローワークにご相談ください。

 

選考試験日

令和5年2月25日(土曜日)から令和5年2月28日(火曜日)の期間のうち、各学校で指定する日(後日掲載予定)

選考試験(筆記試験等及び面接試験、学校により実技試験等)を行います。

選考試験を欠席した場合、応募辞退となります。

 

過去の入校状況

令和4年度開講講座の入校状況(PDF:76KB)

令和3年度開講講座の入校状況(PDF:74KB)

令和2年度開講講座の入校状況(PDF:75KB)

 

埼玉県内の職業訓練については、一般委託訓練のページで紹介しています。

お問合せ先

 埼玉県立職業能力開発センター委託訓練担当 電話048-651-3122

お問い合わせ

産業労働部 職業能力開発センター 委託訓練・就職支援担当

郵便番号331-0825 埼玉県さいたま市北区櫛引町二丁目499番地11 埼玉県職業能力開発センター1階

ファックス:048-651-3114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?