Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2019年8月22日

情報制御システム科

電気・電子・制御回路の設計製作技術及びIT(情報技術)とプログラミング技術を基礎として学びます。さらに、この基礎技術をもとに、コンピュータ制御システムのハードウェア・ソフトウェアに関する知識を習得し、IoTなどのネットワーク化されたコンピュータシステムの設計・製作・保守管理ができる技術者を目指します。

訓練概要

ココがおすすめ!

  1. IoT(Internet of Things)を支える、IT・コンピュータ制御技術を学びます。
    IoT:「もの」同士がインターネットを経由して相互に結び付き、情報交換や制御を行う技術。
    例えば外出先から自宅のエアコンなどを動かすことができます。
  2. 1人1台のコンピュータが用意された環境で学ぶことができるため、実習中心の授業を行います。
    就職してからも「知っている」だけでなく「できる」技術者として、活躍できます。

どんな仕事につけるのか

主な就職分野

電子機器の設計・製造

家電、携帯電話、通信機器などの設計、製作、修理、実験評価などを行います。

電気・電子・制御回路の
設計・製造

プリント基板のパターン設計、製作やシーケンス制御回路の設計、製作、調整などを行います。

プログラマ・
システムエンジニア

各種制御プログラムやオフィスで使用されるソフトなどのシステム設計やプログラミングを行います。

サービスエンジニア

パソコン、家電製品、各種事務機器などのメンテナンスや修理を行います。

セールスエンジニア 電子部品や電子機器、パソコンなどの技術的な対応も含めた営業・販売を行います。

何を学ぶのか

主な学習内容
学科

ハードウェア分野

電気回路(オームの法則から交流理論まで)、電子回路(アナログ回路、デジタル回路など)、電気測定などを学びます。

ソフトウェア分野

情報基礎理論(2進数、数値や文字のデータ表現)、アルゴリズム、ネットワークなどについて学びます。

実技

電子回路

デジタル時計の製作をとおして、電子回路の設計、製作の基本を習得します。

マイコン制御回路

ランプの点灯や点滅、モータの回転などを制御する回路を製作し、マイコン制御回路の技術を習得します。

シーケンス制御回路

複数のランプやモータなどを動作させるシーケンス制御回路について学びます。

工場の製造ラインなどには、このシーケンス制御回路が組み込まれています。

プログラム言語

コンピュータ制御のプログラム開発でよく使われるC言語を中心に、VB.netやJavaについても習得します。C言語については資格取得も目指します。

 授業内容は

主な授業内容
回路組立基本実習

各種の電子回路を組立てながら、アナログ回路とデジタル回路の基本的な働きを習得します。

コンピュータ制御
システム設計実習

回路設計、基板作成、回路組立てなどのハードウェアとそれを制御するプログラムの作成を行い、マイクロコンピュータを中心とした制御システムの設計、製作方法を習得します。

シーケンス制御実習

自動制御機器として使われているリレーを使い、シーケンス制御回路の設計、製作、調整を行い、自動化技術の基本を習得します。

卒業制作

少人数のグループごとにアイデアを出しあい、電子回路を使ったオリジナル作品を製作します。2年間で学んだ学科、実技の総合演習として、回路設計、プログラム設計、コンピュータ制御システム設計の応用を実践的に学びます。

完成した作品の製作過程や工夫したポイントなどをまとめて、卒業制作発表会でプレゼンテーションします。

 就職率・実質倍率

  • 就職率 100%(平成31年3月修了生)
    全員が正社員での就職です。
    また、平成23年度から就職率100%(修了時)を継続しています。
  • 応募倍率 1.56倍(平成31年4月入校生)

 

 授業風景

回路組立基本実習の写真

<回路組立基本実習>

電子回路の基本から、部品や回路を組みあわせた電子回路システムの設計、製作までを行う。

電子回路の製作で重要なはんだ付けの技術を習得し、技能検定(電子機器組立て、3級)を受検します。

コンピュータ制御システム設計実習の写真

<コンピュータ制御システム設計実習>

マイクロコンピュータによる制御システムのハードウェア、ソフトウェアの設計手法を習得します。

自分で設計したデジタル回路を実際に作成し、設計どおりに動くか、動作チェックを行います。

シーケンス制御実習の写真

<シーケンス制御実習>

工場などの生産ラインの自動化に必要な制御技術であるシーケンス制御について学びます。

スイッチ、リレー、ランプ、タイマーなどを電線で接続し、シーケンス制御回路を作成します。

コンピュータ操作、プログラム作成実習の写真

<コンピュータ操作基本実習、プログラム作成実習>

組込系開発で重要なプログラム言語であるC言語は、1年次からしっかり身に付け、資格試験も受験します。

プログラム開発だけでなく、報告書や各種テストデータの作成など、オフィスソフトの活用についても学びます。

インターンシップの写真

<企業派遣実習>

企業における実務を経験することで、学習意欲や社会人としての意識を高揚させるため、5日間程度のインターンシップをします。

写真は電子関連の企業で完成した基板のチェックをしています。

回路基板設計1の写真

<回路基板設計製作実習1>

回路基板用のCADソフトを使い電子回路の設計を行います。

作成した回路図をもとに電子部品をプリント基板上に配置する作業もコンピュータで行います。

回路基板設計2の写真

<回路基板設計製作実習2>

写真は実習で設計した、デジタル時計の7セグメントLED表示回路の基板レイアウトです。

 卒業制作1の写真

<卒業制作1>

グループごとに自分たちでテーマを話し合い、企画から設計、製作まで行います。

電子回路の設計はもちろんのこと、筐体の見栄えや強度も考慮して製作します。

完成した作品はいろいろなイベントに出品しています。
ゲーム機などは、子どもたちに大人気です。

卒業制作2の写真

<卒業制作2>

作品が完成したら、動作チェックと卒業制作発表会の打合せをします。グループごとの発表を通じて、プレゼンテーション手法を学びます。
卒業制作3の写真

<卒業制作3>

卒業生の製作した力作たちです。
県内の職業訓練校で学ぶ生徒の作品が集まる「彩の国総合技能展」で優秀賞などを受賞しました。

生徒は先輩の作った作品にヒントを得て、知恵を出し合い、さらに優れた作品を作り出します。

 

カリキュラム 

 

目標資格

主な目標資格

在校中に目指す

  • C言語プログラミング能力認定試験(3級~)
  • 情報処理技術者能力認定試験(3級~)
  • 基本情報技術者試験
  • 3級技能士(電子機器組立て) 

修了後に目指す

  • 1級技能士(電子機器組立て)
  • 単一等級技能士(電子回路接続)
  • 2級技能士(電子機器組立て)
  • 応用情報技術者試験

 

受賞歴・出場歴

平成30年度

  • 第13回 若年者ものづくり競技大会 出場
  • 平成30年度彩の国総合技能展 優良作品賞 

平成29年度

  • 第12回 若年者ものづくり競技大会 出場
  • 平成29年度彩の国総合技能展 優秀作品賞 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業労働部 中央高等技術専門校  

郵便番号362-0053 埼玉県上尾市戸崎975

ファックス:048-781-8990

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?