トップページ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 県民生活部 > 県民生活部の地域機関 > 消費生活支援センター > 知っておきたい知識 > キャッシュカード・クレジットカード・健康保険証・運転免許証・マイナンバーカード等紛失時の対処法

ページ番号:76234

掲載日:2020年12月1日

ここから本文です。

キャッシュカード・クレジットカード・健康保険証・運転免許証・マイナンバーカード等紛失時の対処法

不正使用や個人情報悪用などの被害を未然に防ぐため、万一悪用されてしまった場合に本人の利用ではないことを示すためにも、早急に以下の対応をしましょう。

また、そのような事態に備えて、カード会社等の連絡先を携帯電話やメモ帳などに記録しておくことをお勧めします。

すぐに最寄りの警察署や交番に遺失届を出す

全国どこでも届出可能ですが、紛失した場所の近く(管轄)の交番や警察署への届出をお勧めします。
遺失届の手続きが完了すると、「受理番号」が付与されます。以下の本人確認書等の紛失・再発行手続等で利用する場合があります。
紛失を届け出ることにより、少なくとも届出日以後に悪用されても「自分が使用したのではない」と主張できます。

詳しくは:落し物をしたときは?(埼玉県警察)

電車、バス、タクシーで忘れた場合は、各交通機関にすぐ連絡しましょう。 

各本人確認書、カード類の対応

キャッシュカード・通帳・お届け印

  • すぐに自分の取引金融機関に連絡しましょう。

参考:一般社団法人全国銀行協会
ページをスクロールした下方で、カード等の紛失・盗難の際の連絡先を検索できます。

クレジットカード

  • すぐに自分が契約したクレジットカード会社に利用停止を申し出ましょう。
    ※visa・JCBなどではなく、カードを直接発行している(利用明細書や明細メールを送ってくる)会社です。たいていの会社が24時間、365日で受け付ける紛失・盗難用電話を設けています。
  • 公共料金の支払いをするカードにしている場合は、利用停止した後に支払先ごとに変更手続き(カード番号の変更や、支払方法の変更など)をしましょう。そのままにしておくと滞納扱いになることがあります。
  • 紛失・盗難による損害で、補償が受けられる場合があります。補償可否・補償内容等は会社によって異なるので、詳しくはクレジットカード会社にお問い合わせください。

健康保険証

保険証の種類によって、届出先が異なります。

  • 勤務先の健康保険組合:勤務先にお問い合わせください。
  • 国民健康保険証:市区町村役場で手続きしてください。
  • 協会けんぽ:全国健康保険協会にお問い合わせください。参考:「保険証を失くしたとき」(全国健康保険協会)

運転免許証

  • 再発行は、運転免許センター(試験場)や警察で手続きします(有料)。

参考:「運転免許証の再交付手続」(埼玉県警察)

マイナンバーカード・通知カード

マイナンバーカードを紛失した場合

  1. すぐに利用の一時停止を申し出ましょう(下記「一時利用停止申し出先の電話番号」をご参照ください)。
  2. 外出先で紛失・盗難にあった場合は警察に遺失届を出し、受理番号を控え、お住いの市区町村の担当課へ届出しましょう。
  3. 自宅で紛失した場合は、直接お住いの市区町村の担当課へ届出しましょう。

通知カードを紛失した場合

  1. 外出先で紛失・盗難にあった場合は警察に遺失届を出し、受理番号を控え、お住いの市区町村の担当課へ届出しましょう。
  2. 自宅で紛失した場合は、直接お住いの市区町村の担当課へ届出しましょう。

「通知カード」は令和2年5月25日に廃止され、マイナンバーの通知は「個人番号通知書」を送付する方法になりました。詳しくは「通知カード廃止について」(総務省)(別ウィンドウ)でご確認ください。

 

一時利用停止申し出先の電話番号

種類 電話番号
マイナンバー総合フリーダイヤル 0120-95-0178
外国語対応(英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語)
For foreign residents (English,Chinese,Korean,Spanish, Portuguese)
0120-0178-27
個人番号カードコールセンター(全国共通ナビダイヤル) 0570-783-578
(通話有料)
一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合 050-3818-1250
(通話有料)
聴覚障がい者専用ファックス番号 0120-601-785

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※一時利用停止はいずれも24時間365日受付
※申し出は、表中のいずれか1ヶ所へしてください

参考サイト

パスポート(国内で紛失)

詳しくは:パスポートの紛失・盗難・焼失  (埼玉県パスポートセンター)

その他、届出しておきたい機関

個人信用情報機関の本人申告制度

CRIN(Credit Information Network)
株式会社日本信用情報機構(JICC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、一般社団法人全国銀行個人信用情報センターの三機関が運営する信用情報交流ネットワークです。いずれかの機関に本人確認書類の紛失や盗難があったことを申し出ておけば、他人が勝手にクレジットやローンを利用するのを防ぐ手立てとなります。

※個人信用情報機関(令和2年12月1日現在)

本人確認書類の紛失・盗難等について  株式会社日本信用情報機構(JICC)(別ウィンドウ)

本人申告とは(本人確認書類の紛失・盗難)  株式会社シー・アイ・シー(CIC)(別ウィンドウ)

本人申告の手続き  一般社団法人全国銀行個人信用情報センタ(別ウィンドウ)

その他参考 

プリペイドカード、ポイントカード紛失
カードの種類や発行元によって残金保証や再発行などの対応が異なります。各カードの発行元にお問い合わせください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?