ページ番号:6438

掲載日:2019年6月4日

ここから本文です。

お宅にありませんか? 確認してください!リコール対象製品

長崎県のグループホームで入居者が死亡するという火災が発生し、部屋にあった加湿器が火元の可能性が高いという報道がありました。この加湿器は回収対象(いわゆる、リコール)製品だったことが明らかになりました。

リコールは被害の拡大を防ぐために行われるもので、事業者のホームページや新聞の社告などで公表されます。しかし、消費者がリコール対象製品だと知らずに使い続け、事故が発生するケースが後を絶ちません。

事故を防ぐために、お宅にある製品をもう一度確認してください

リコール情報サイト

消費者庁では、無償修理・回収等が行われている消費者向け製品について、リコール情報サイトで情報提供を行っています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?