Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2016年11月22日

結婚相手紹介サービスのトラブル

相談事例

【事例】

結婚相手紹介サービス業者から電話があり、「結婚していない子どもはいないか」と聞かれ、「40代の息子が独身だ」と答えた。その後、自宅に来た勧誘員から長時間入会を勧められ、2年コースを35万円で契約してしまった。勧誘員から「息子さんには内緒にするように」と言われ不信感が芽生えた。登録料も高額なので解約したい。

お答えします

結婚相手紹介サービスには、業者が会員に対して結婚相手候補者を選び、見合いの段取りなど結婚全般をコンサルティングするものから、単に会員情報の提供のみをおこなうものまで様々な内容があります。

最近では未婚の男女だけでなくその親を勧誘するケースもあります。また、説明した内容と実際に提供されるサービスとのギャップが大きいことが多いのが現状です。解約しようとすると高額な解約料を請求されるトラブルも増えています。

消費者へのアドバイス

  1. 結婚相手紹介サービスは結婚を約束するサービスではありません。気に入る人が必ず紹介されるとは限らず、結婚できるかどうかは不確実なものです。サービス内容、料金、中途解約をした場合の解約料や返金額等について十分理解した上で慎重に契約してください。
  2. 結婚相手紹介サービスは、サービスの提供期間が2か月を超え、消費者が支払う金額が5万円を超える場合、業者はサービスの内容・期間、中途解約、クーリング・オフなどを記載した書面を契約する前と実際に契約した時の2回、消費者に交付する義務があります。書面が交付されていなければ、いつでもクーリング・オフできます。
  3. 上記に該当する契約の場合、消費者は将来に向かっていつでも契約を解除することができます。また、解約手数料については「通常生じる損害の額」とし、上限が定められています。

お近くの消費生活相談窓口に早めにご相談を

結婚相手紹介サービスのトラブルでお困りのときは、最寄りの消費生活相談窓口にご相談ください。

詳細原稿(ワード:36KB)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?