Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2020年12月24日

東京事務所のショーウインドウ

東京事務所入り口前にあるショーウインドウ。毎回テーマを変えて、埼玉の魅力を発信しています。
旬な情報満載ですから、ディスプレイが「いつ変わるか!?」も、楽しみの一つ。
東京事務所にお越しの際は、ちょっと足を止めて、埼玉の「
今」を発見してみませんか。

埼玉の偉人・渋沢栄一翁の大河ドラマ「青天を衝(つ)け」が令和3年2月14日から放送開始!

深谷ドラマ館

近代日本経済の父、渋沢栄一翁を主人公にした大河ドラマ「青天を衝(つ)け」が令和3年2月14日から始まります。そして放送開始に合わせて、深谷大河ドラマ館が2月16日に深谷生涯学習センター・深谷公民館内(深谷市仲町20-2)でオープンします。

ショーウインドウでは、そのPRと併せて経済人渋沢栄一翁のルーツとも言える藍玉(あいだま)を展示しました。渋沢栄一翁の生まれた家では藍を栽培し、染料となる藍玉を製造・販売していました。渋沢栄一翁が初めて商いをしたのも藍の買い付けでした。渋沢栄一翁が作った「武州自慢鑑藍玉力競(良い藍を栽培した農家を順番に、大関、関脇、小結…と相撲番付の形に表したもの)」によって、農家は藍作りを競い合ったそうです。

深谷市民は放送開始を心待ちにしており、商店街をはじめ、市内は盛り上がりをみせています。深谷市では渋沢栄一翁はもちろん、ふっかちゃんなどのグッズについて深谷限定品が販売されます。また、冬は深谷ねぎのおいしい季節です。煮るととろけて甘みが増すので、たっぷりねぎの入った煮ぼうとうがおすすめで、渋沢栄一翁も好んで食べました。是非、深谷に遊びに来てください! 

ただいま展示中

  • 埼玉の偉人・渋沢栄一翁の大河ドラマ「青天を衝け」が令和3年2月14日から放送開始!

これまでの展示

   ※内容は展示時点のものです。

お問い合わせ

企画財政部 東京事務所  

郵便番号102-0093東京都千代田区平河町2-6-3 都道府県会館8階

ファックス:03-5212-9105

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?