ページ番号:13857

掲載日:2020年12月23日

ここから本文です。

銀行発祥の地

第一国立銀行

設立当時の第一国立銀行

銀行発祥の地

現在

「銀行発祥の地」銘板

「銀行発祥の地」の銘板

日本初の銀行である第一国立銀行(現在のみずほ銀行)が設立された場所です。

渋沢栄一は明治6年(1873)に大蔵省を辞任し、自らが設立に関わった第一国立銀行の総監役(後に頭取)に就任しました。これが、栄一の実業家としてのスタートでした。

栄一は、ここを足がかりに企業の創設・育成に力を注ぎ、生涯に約500社もの設立に関わりました。

当時の建物は残っていませんが、跡地には、みずほ銀行の支店があり、入口脇に銀行発祥の地の銘板が設置されています。

所在地

東京都中央区日本橋兜町4-3

アクセス

  • 茅場町駅11番出口から徒歩3分
  • 日本橋駅D2出口から徒歩3分

文化財指定等

お問い合わせ

企画財政部 東京事務所  

郵便番号102-0093東京都千代田区平河町2-6-3 都道府県会館8階

ファックス:03-5212-9105

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?