ページ番号:5549

掲載日:2023年3月14日

ここから本文です。

埼玉県の景観協定

景観協定は、建築や緑化、照明、屋外広告物等についてのきめ細かなルールを住民の皆さんが自ら取り決め、互いに守りあっていくことで、地域のより良い景観の維持・増進に役立つ、自主的な規制を行うことができる制度です。

オランジェ吉川美南(みなみ)地区景観協定

景観法(平成16年法律第110号)に基づき、株式会社中央住宅から吉川市のオランジェ吉川美南(みなみ)地区景観協定について県に申請があり、平成23年2月1日付けで認可しました。県内では今回が初めての認可となります(都道府県による景観協定の認可は全国初)。

位置:吉川市吉川駅南特定土地区画整理事業区域内56街区1の一部

協定区域の面積:約1.39ha

戸数:87戸

用途:戸建て住宅

有効期間:平成23年8月5日から15年間になります。

景観協定作成の手引き

景観協定の活用を促進するため、埼玉県及び県内市町村で組織する「景観行政団体施策研究会」で手引書の作成を検討しました。

お問い合わせ

都市整備部 都市計画課 総務・企画・景観担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎2階

ファックス:048-830-4881

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?