Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 特別栽培農産物 > 特別栽培農産物ガイドラインにおける埼玉県の慣行基準

ここから本文です。

 

掲載日:2019年3月29日

特別栽培農産物ガイドラインにおける埼玉県の慣行基準

国が定めた「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」では、節減対象農薬や化学肥料(窒素)の削減割合を算定する際の比較基準(=慣行基準)は、地方公共団体が定めたもの又はその内容を確認したものとしています。

(お知らせ)慣行基準の見直しを行いました

埼玉県では「トマト」の基準の見直しを行いました。

埼玉県の慣行基準(PDF:234KB) 

※正式名称「特別栽培農産物に係る化学合成農薬の使用回数及び化学肥料による窒素成分施用量の基準について」

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林部 農産物安全課 安全生産・有機担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4832

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?