トップページ > しごと・産業 > 林業 > 森林整備 > 本多静六博士の森づくり

ページ番号:20149

掲載日:2021年3月12日

ここから本文です。

本多静六博士の森づくり

事業の概要

本多静六博士の森づくりは、「彩の国みどりの基金」を活用し、本多静六博士が明治神宮の森を造成したときの自然の力を活かした森づくりの考え方を取り入れ、森林の少ない地域に県民参加で新たに森林を創出するものです。

令和2年度の活動状況

※本年度実施された森林保全活動のうち、一部について報告するものです。

(1)芝川第一調節池の森づくり

平成29年に浦和北ロータリークラブの皆さまのご協力で植栽した箇所で、今年度も下草刈り活動を2回行いました。皆さまお疲れ様でした。

1回目

  • 【日時】令和2年6月9日火曜日
  • 【場所】芝川第一調節池(見沼の森)
  • 【作業内容】下草刈り
  • 【参加人数】6名(浦和北ロータリークラブの皆さま)

作業終了後の浦和北ロータリークラブの皆さま

2回目

  • 【日時】令和2年10月31日土曜日
  • 【場所】芝川第一調節池(見沼の森)
  • 【作業内容】下草刈り
  • 【参加人数】8名(浦和北ロータリークラブの皆さま)

下草刈りが終わった植栽地の様子

(2)吉川市深井新田地区強化堤防

平成23年2月の植栽以来下草刈り作業を行っておりましたが、今年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、活動を中止いたしました。

過去の活動状況

※各年度のリンク先ページにおいて、その年度において実施された森林保全活動のうち、一部について紹介しています。


お問い合わせ

農林部 森づくり課 総務・森林企画担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4839

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?