Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 林業 > 森林整備 > 本多静六博士の森づくり

ここから本文です。

 

掲載日:2017年8月10日

 本多静六博士の森づくり

事業の概要

本多静六博士の森づくりは、「彩の国みどりの基金」を活用し、本多静六博士が明治神宮の森を造成したときの自然の力を活かした森づくりの考え方を取り入れ、森林の少ない地域に県民参加で新たに森林を創出するものです。

平成29年度の活動状況

※本年度実施された森林保全活動のうち、一部について報告するものです。

(1)芝川第一調節池の森づくり

植栽から8年目を迎え、植栽した木々も5mを超えるであろうものもでてきました。林内に入ると暑い日差しを避けることができ、下草の繁茂もほとんどなくなってきました。そのため、作業は林縁を中心に実施しました。日差しの強い中での作業となりましたが、ケガもなく無事に作業を終えることができました。来年は、日よけにテントを使わず、木陰を使えそうだとの声に、指の太さほどしかなかった個々の苗木が着実に1つの森を形成しつつあるのだと感慨深く感じました。

  • 日時 平成29年6月10日土曜日8時半から12時
  • 場所 芝川第一調節池(見沼の森)
  • 作業内容 下草刈及び下枝払い
  • 参加人数 12名(森林サポータクラブの皆様11名、県1名)


 h29shibakawa-1

 h29shibakawa-3

 

(2)吉川市深井新田地区強化堤防

平成23年2月の植栽以来行ってきた下草刈作業は、今年で7年目を迎えました。
森はゆっくりではありますが着実に大きく成長してきています。
当日は、50名以上の皆様が参集し、下草刈り作業と下枝の除去を行いました。
暑い中での作業となりましたが、雲が広がったおかげで強い日差しにさらされることはありませんでした。いずれは、雲が無くても、成長した木々が強い日差しを遮り、涼しい木陰を作り出してくれることでしょう。

 

  • 日時 平成29年8月6日(日曜日)8時から10時
  • 場所 吉川市深井新田地区強化堤防
  • 作業内容 下草刈及び下枝払い
  • 参加団体及び人数 9団体50名強
    三輪野江自治連合会、深井新田自治会、深井新田ほがらか会、吉川ロータリークラブ、吉川青年会議所、ボーイスカウト埼玉県連盟吉川第1団、吉川市建設業協会、吉川市、県(河川砂防課、森づくり課、寄居林業事務所)

 h29edogawa-1

作業前の状況です。

 h29edogawa-2

作業中の様子です。

 h29edogawa-4

作業後の状況です。

 h29edogawa-5

全体写真です。皆様お疲れ様でした。

 

過去の活動状況

※各年度のリンク先ページにおいて、その年度において実施された森林保全活動のうち、一部について紹介しています。

平成24年度
平成23年度
平成22年度
平成21年度
平成20年度

 

 

お問い合わせ

農林部 森づくり課 総務・森林企画担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話:048-830-4305

ファックス:048-830-4839

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?