トップページ > しごと・産業 > 産業 > 技能振興 > 匠(技能者)の各表彰の推薦について(推薦団体等向け) > 令和6年度「卓越した技能者(現代の名工)」表彰被表彰候補者の推薦について

ページ番号:226536

掲載日:2023年12月6日

ここから本文です。

令和6年度「卓越した技能者(現代の名工)」表彰被表彰候補者の推薦について

「卓越した技能者の表彰制度」は、厚生労働大臣が年に1回、卓越した技能を持ち、その道で第一人者と目されている技能者を表彰するものです。この制度は、技能の世界で活躍する職人や技能の世界を志す若者に目標を示し、技能者の地位と技能水準の向上を図ること、また、技能者の模範として、将来を担う優秀な技能者の確保・育成を進め、優れた技能を次世代に承継していくことを目的としています。

被表彰候補者の推薦は、都道府県知事、全国的な規模の事業を行う事業主団体等、または満20歳以上の一般の方(2名以上の賛同者を得た方)が行うことができます。

令和6年度表彰の被表彰候補者の推薦に当たり、県では被表彰候補者の要件を満たす技能者を募集します。

※本ページは、埼玉県知事から厚生労働大臣に推薦する候補者を募集するものです。全国的な規模の事業を行う事業主団体等及び一般の方からの推薦は受け付けておりませんので御注意ください。

  • 令和6年度卓越した技能者(現代の名工)の県への推薦について(厚生労働省から正式な案内がありましたら掲載いたします。)

1 被表彰候補者の推薦基準について

厚生労働省から正式な案内がありましたら掲載いたします。概ね昨年と同様であると想定されます。

(参考 昨年推薦基準)

埼玉県では、以下の要件を全て満たす者を推薦することとしています。

  1. 卓越した技能により、彩の国優秀技能者表彰(埼玉県知事表彰)を受賞し、かつ、その後の功績が顕著であり、当該技能において国内で第一人者と目されていること。
  2. 令和5年3月31日において埼玉県内に就業する(見込みを含む)現役の技能者であること。
  3.  就業を通じて後進技能者の指導や育成に携わり、または、技能に関する工夫、改善等によって生産性を向上させるなど、労働者の福祉の増進及び産業の発展に寄与した者であること。
  4. 勤務実績、日常行為等において、他の技能者の模範と認められ、また過去において禁錮以上の刑に処せられたことのないこと。
  5. 被推薦者の推薦に係る技能に関し叙勲又は褒章の受章経歴(予定を含む)がないこと。

2 県に推薦できる団体等

県に推薦ができるのは、以下の団体等に限ります。

  1. 県内市町村長
  2. 県内各商工会議所及び商工会の代表者
  3. 埼玉県職業能力開発協会会長
  4. 埼玉県技能士会連合会会長
  5. 埼玉県職業能力開発協会会員
  6. 埼玉県技能士会連合会会員の各技能士会会長

※全国的な規模の事業を行う事業主団体等及び一般の方からの推薦は受け付けておりません。

3 提出書類等について

提出書類(原則電子データでの提出です)

※様式が準備できましたら、令和6年1月9日までに掲載いたします。概ね昨年と同様であると想定されますので、提出期限に間に合うように事前にご準備ください。

<参考:昨年様式一覧等>

  1. 推薦書(鑑) (様式任意)
  2. 調書 (様式第3の1)
  3. 免許・資格一覧 (別紙様式)
  4. 写真 (様式4)
  5. 専門用語集 (様式5)
  6. 住民票の写し (本籍、個人番号不記載のもの)
  7. その他資料 (調書記載の表彰状写し、功績に係る新聞記事写し等)

提出期限

令和6年1月19日(金曜日)

提出方法

「県庁ファイル便」という埼玉県のファイル送受信システムを利用した提出とします。下記問い合わせ先メールアドレスまで提出を希望する旨を御連絡ください。折り返し、「県庁ファイル便」の御案内をお送りします。

<問い合わせ先>

埼玉県産業労働部 産業人材育成課 委託訓練・連携推進担当

電子メール:a4590-01★pref.saitama.lg.jp (★を@にしてお送りください。)

※問い合わせ先メールアドレスに直接推薦書類を送付しないでください。

お問い合わせ

産業労働部 産業人材育成課 委託訓練・連携推進担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4853

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?