トップページ > しごと・産業 > 労働 > 仕事と介護・子育て・治療の両立支援相談窓口

ページ番号:123765

掲載日:2021年3月15日

ここから本文です。

仕事と介護・子育て・治療の両立支援相談窓口

subtitle3

埼玉県では、介護・子育て・病気治療などで仕事の継続にお悩みの方からの相談を「仕事と生活の両立支援相談窓口」で受け付けています。
相談員がお答えするほか、必要なサービスの提供窓口のご案内や、役に立つ情報の提供を行います。
インターネット相談は24時間受付中。
どうしたらよいのかわからない、仕事を辞めざるを得ないと思ったら、まずはご相談ください。

 リーフレット(PDF:977KB)

更新情報

【令和3年3月2日更新】両立支援のためのガイドブック(令和3年3月改訂)を作成しました。新規・更新箇所

1. 介護と仕事、子育てと仕事、治療と仕事との両立に関する相談方法 

 (1) 電話での両立支援相談

電話番号048-830-4515

※受付日:毎週月曜日・水曜日・金曜日の3日間 午前9時から午後4時30分(年末年始・祝日を除く)

お気軽にご連絡ください。相談員がお答えします。

 

(2) ホームページからの両立支援相談

下記のページで相談を受け付けています。(24時間受付)

  • 電子申請システムの投稿フォームに相談内容を入力し、送信してください。
    ※30分以上でタイムオーバーになります。記入内容が長くなる場合は、あらかじめ別に文字データを作成し、その後そのデータを入力フォームに貼り付ける方法をお勧めします。
  • 電子申請システムを通じて回答しますので、受信メールをご確認ください。なお、送信した日時や曜日によっては回答が数日遅くなる場合がありますのでご了承ください。

     

    インターネット相談(電子申請システム)はこちらから

     

    (3)企業へのアドバイザー派遣

  • 企業へ相談員を派遣し、介護・子育て・病気治療と仕事との両立のための支援についての説明会の実施、制度の導入や雇用環境の整備に関するアドバイスを行います。相談員が、毎週火曜日に企業を訪問して両立支援の相談や説明会を行います。

  • 詳しくは添付のリーフレットをご覧ください。

     リーフレット(PDF:716KB)

     

    ※1 上記の相談については、いずれも相談料は無料です。

    ※2 相談において提供された個人情報は相談対応と集計のみに使用し、他の目的で使用することはありません。

    2. 相談者の声

    • 育児休業中賃金が支払われなかったが、育児休業給付金の制度とその支給手続きを知って経済的に助かった。
    • 妊娠から小学校就学までの子育て支援について時系列に分かり、安心して子育てができることが分かった。
    • 突然親の介護に直面してとまどったが、介護休業を取りながら介護保険を利用して、仕事と両立していくことが可能になった。
    • 会社の両立支援制度をうまく使いながら親の介護をしていくプランをケアマネージャーに作成してもらうことができた。
    • がんと診断され、治療のために仕事を辞めざるを得ないか心配だったが、「治療と職業生活のガイドライン」を知って、会社の協力を受けながら仕事を続けている。
    • 仕事をしながら難病の治療を受け始めたが、難病患者への医療費助成制度を利用できることが分かり、「難病相談支援センター」で今後の治療と生活の相談を受けることができた。

    3. 仕事と子育て・介護の両立支援のためのガイドブック

    仕事と子育て・介護の両立支援のためのガイドブックを作成しました。

     ガイドブック(令和3年3月改訂)(PDF:1,143KB)新規・更新箇所

    4. その他の関連ページ

お問い合わせ

産業労働部 雇用労働課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4851

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?