トップページ > 埼玉県PCR検査等無料化事業(事業者の皆さま)

ページ番号:209929

掲載日:2022年11月30日

ここから本文です。

埼玉県PCR検査等無料化事業(事業者の皆さま)

トピックス

  • 8月31日(水):①定着促進事業が終了しますなお、②一般検査事業は9月1日(木)以降も当面の間実施いたします。
  • 10月21日(金):検査申込書を改正しました。旧様式の在庫が無くなり次第、ダウンロードしてお使いください。
  • 11月7日(月):『もしも陽性判定が出たら』チラシを更新しました。ダウンロードしてお使いください。
  • NEW!11月30日(水):第12回補助金申請スケジュールが決定しました。

1.無料検査の対象者 ※濃厚接触者と有症状者、療養期間中の陽性患者は対象外です。

  埼玉県では、無症状の方を対象とした無料検査(PCR検査・抗原定性検査)を、県内の薬局・ドラッグストアにて実施しています。
症状のある方は対象外です。埼玉県指定 診療・検査医療機関を受診してください。(検索システムはこちら)

summary

感染拡大傾向時の一般検査事業(一般検査事業)

【実施期間】
令和3年12月28日~当面の間
(実施期間は感染拡大の状況を見て判断します。)

【対象者】以下3つの条件を満たす者
1.発熱などの症状がないこと
2.感染に不安があること

  もしくは、感染に不安があり社会経済活動に際し事前に陰性結果通知書が必要であること
3.埼玉県在住であること
(身分証明書等、現住所がわかるものをご確認ください。)

※条件並びに実施期間は、感染拡大状況により変わる可能性があります。

2.事業開始から実績報告までの大まかな流れ

①.事業実施計画書の提出(エントリー)

新規登録事業者の受付は、3月11日(金)をもちまして終了いたしました。

②.検査立会人の設置準備
 資格の有無に関わらず、下記ガイドラインをよく読み理解度テストも実施してください。

③.埼玉県から、実施事業所として認定する旨のメールが届く
 事業を実施できるようになり、このメールが届いた日から3日後以降に埼玉県ホームページ上の『検査を受けられる場所一覧』で掲載させていただきます。
検査希望者から連絡がありましたらご対応願います。

④.設備整備に必要な物品の購入
 実施事業者として認定された日以降に必要物品を購入してください。
 ※購入した品物の納品書・領収書は実績報告時に必要です。必ず保管しておいてください。

⑤.事業の実施
 検査希望者に対して無料検査を実施してください。従業員に対して実施した検査は補助の対象になりません。
 ※検査申込書は実績報告時に必要です。必ず保管しておいてください。
万が一陽性の結果が判明した場合は、検査確定診断登録窓口を紹介するか、医療機関の受診又は受診・相談センターの連絡先を案内してください。

⑥週次報告
 毎週月曜、火曜日に週次報告を依頼するメールを送付させていただきます。
水曜日までに、所定の方法に従って報告してください。

⑦月毎の補助金申請(希望者のみ)
 毎月6日までに所定の方法に沿って申請を行うことで、月に1度、補助金の精算ができます。
※一括申請か月毎申請か、任意でお選びいただけます。

⑧実績報告
 詳細は(5.補助金申請の申請方法)をご覧ください。
 ※『調達した検査キットの領収書』『設備整備のために購入した物品の納品書・領収書』『検査申込書』は必ず保管しておいてください。

3.事業実施計画書の受付について(3月11日(金) 受付終了しました)

新規事業者登録の受付終了について

事業の登録者数が予定数に達しましたので、新規事業者登録の受付を終了いたしました。

実施計画書の内容変更に係る再提出の要否

実施計画書の内容に変更がある場合は、計画書を修正のうえ、y-shinsei@kensa-saitama.jp 宛に、メールでご提出ください

変更点 実施計画書の再提出
  • 事業開始見込み日
  • 検査実施場所の整備に係る費用(減額)
不要
  • 検査実施場所整備に係る費用(増額)
  • PCR検査を実施するための準備が整った
  • 検査実施場所が大きく変更される
必要

無料検査の登録を取り消す場合

中止届出書(エクセル:19KB)』をダウンロードし、所定の項目を全て入力のうえ
y-shinsei@kensa-saitama.jp 宛にメールでご提出ください。

※提出するメールの件名に「事業所名」をご記入いただき、添付ファイルの名前を「事業所名 中止届出書」に変えてご送付ください。

4.補助金の概要

hojokinR4_9-    hojokinR4_9-3

※実績報告の際、検査申込書・各種物品の領収書や納品書等について提出を求めることがありますので、書類の保管をお願いします。

5.補助金の申請方法について

薬局、医療機関、衛生検査所の皆様

6.各種様式から『補助金交付申請書(薬局等)』をダウンロードし、必ず記載方法を読んで所定の項目を全て入力のうえ、提出期限までにメール及び郵送でご提出ください。
審査が完了し次第、メールでお知らせいたします。(審査には数日かかることがあります。)

※提出するメールの件名に「事業所名」をご記入いただき、添付ファイルの名前を「事業所名(薬局等用)」に変えてご送付ください。

補助金交付申請書提出期限

  • 第9回提出期限:令和4年10月6日(木)(郵便は消印有効)→令和4年12月支払い予定
     提出可能な対象期間:『2022年9月分』のみ
  • 第10回提出期限:令和4年11月4日(金)(郵便は消印有効)→令和5年1月支払い予定
     提出可能な対象期間:『2022年9月分』,『2022年10月分』
                                        『2022年9月~2022年10月分(一括申請)』を選択することで、一括して全ての期間の申請をすることも可能です。
  • 第11回提出期限:令和4年12月6日(火)(郵便は消印有効)→令和5年2月支払い予定
    提出可能な対象期間:『2022年11月分』のみ
  • 第12回提出期限:令和5年1月13日(金)(郵便は消印有効)→令和5年3月支払い予定
    提出可能な対象期間:『2022年11月分』,『2022年12月分』
                                       『2022年11月~2022年12月分(一括申請)』を選択することで、一括して全ての期間の申請をすることも可能です。

提出期限は厳守。一度補助金を交付した期間の検査料は追加で申請することができません。申請の際は申請内容に漏れがないか必ず確認をしてください
※補助金申請時、複数事業所分の検査申込書をまとめて郵送する場合、決して混ざることがないような措置をお願いします。万が一複数事業所の申込書が混ざっている場合、補助金が満額支給されない場合がございます。
※ご郵送の際、『代金着払い』で郵送された場合は受け取りを断らせていただいております。返送されたのち、すぐに正しく送り直してください。到着が確認できない場合、補助金が満額支給されない場合がございます。

メールアドレス
郵送先

〒:332-8799
埼玉県川口市本町2-2-1 川口郵便局局留
埼玉県PCR検査等無料化事業事務局 宛

埼玉県 検査無料化 相談窓口

交付申請書の作成等にお困りの方はこちらへお問合せください。

●電話番号:0570-040-700
●受付時間:9時~22時(土日祝を含む)

6.各種様式

 →ご記入の際には、こちらの記載例もご参照ください。記載例(PDF:180KB)

→ご記入の際には、こちらの記載方法をご参照ください。記載方法(PDF:1,151KB)

7.付録

1無料化検査実施中ポスター(PDF:528KB)

2無料検査拡大中ポスター(一般検査事業)(PDF:585KB)

9-manual実施フロー図(PDF:464KB)

もしも陽性判定が出たら(11月更新)オモテ もしも陽性判定が出たら(11月更新)ウラもしも陽性判定が出たら(PDF:538KB)

8.参考資料

お問い合わせ

保健医療部 感染症対策課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?