トップページ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 保健医療部 > 感染症対策課 > 新型コロナウイルス感染症における経口治療薬の医療機関への配分について(医療機関・高齢者施設用ページ)

ページ番号:215581

掲載日:2022年8月16日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症における経口治療薬の医療機関への配分について(医療機関・高齢者施設用ページ)

新型コロナウイルス感染症における経口治療薬の医療機関への配分についての、医療機関・高齢者施設様向けページになります。

薬局における手続きにつきましては、新型コロナウイルス感染症の経口治療薬提供体制の整備について(薬局専用ページ)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

また、中和抗体薬については、中和抗体薬の活用について(医療機関、高齢者施設用ページ)をご覧ください。

お知らせ

2022年8月12日
ラゲブリオが薬価収載されることとなりました。一般流通開始時期及び切替時の取扱いについては、今後の連絡にご注意ください。
新型コロナウイルス感染症における経口抗ウイルス薬(ラゲブリオ)の薬価収載に伴う医療機関及び薬局への配分等について(周知)

1.ラゲブリオ®(モルヌピラビル)

ラゲブリオ®(以下ラゲブリオ)は、現状、安定的な供給が難しいことから、一般流通は行わず、厚生労働省が所有した上で、対象となる患者が発生した又は発生が見込まれる医療機関及びラゲブリオ対応薬局からの依頼に基づき、無償で譲渡することとなっています。この趣旨を踏まえ、必要以上の配分依頼及び在庫の確保及び投与対象者以外への投与は控えていただくようお願いします。

【必読】新型コロナウイルス感染症における経口抗ウイルス薬(ラゲブリオ®カプセル)の医療機関及び薬局への配分について(別紙及び質疑応答集の修正)(別ウィンドウで開きます)

院外処方・院内処方を行うには

無床診療所、有床診療所、病院で、ラゲブリオの院外処方・院内処方を行うことができます。

院外処方・院内処方を行うには、ラゲブリオ登録センターへの登録が必要です。

ラゲブリオ登録センター(別ウィンドウで開きます)
電話番号:0120-682-019 
受付時間:9:00~17:30(土日祝日・当社休日を除く)
Mail address:msd.covid19.register.support@merck.com

※院外処方のみを行う医療機関にあっても、ラゲブリオ登録センターへの登録が必要です。

※ラゲブリオ登録センターへ登録を行った医療機関は、ラゲブリオ登録医療機関として、診療・検査医療機関へ公表されます。

医療機関でラゲブリオを在庫するには

無床診療所、有床診療所、病院で、ラゲブリオを在庫することができます。

ラゲブリオを在庫するには、上記ラゲブリオ登録センターへの登録に加えて、埼玉県ラゲブリオ在庫配置医療機関リストに掲載される必要があります。

在庫を希望される医療機関は、以下のエクセル様式に必要事項を記入の上、感染症対策課(a7500-14@pref.saitama.lg.jp)へメールで提出してください。
なお、メール件名は「(医療機関名称)ラゲブリオ在庫配置医療機関リスト掲載希望」としてください。

ラゲブリオ 在庫配置医療機関リスト掲載希望 申請様式(エクセル:13KB)

高齢者施設がラゲブリオを活用するには

高齢者施設においては、以下の方法でラゲブリオを活用いただくことが可能です。

  • ラゲブリオ登録センターに登録した医療施設からの往診や対診(当該医療施設の保有する在庫の活用も可能)
  • ラゲブリオ登録センターに登録した高齢者施設からの都度発注

   高齢者施設のうち、介護療養型医療施設については、医療法上の病院又は診療所であり、また、介護医療院、介護老人保健施設については、医療法上の医療提供施設であることから、ラゲブリオ登録センターへ施設登録することが可能です。介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護(地域密着型特別養護老人ホーム)については、当該施設に設けられている診療所/医務室が施設登録することが可能です。ラゲブリオ登録センターへの登録を希望される高齢者施設は、感染症対策課(a7500-14@pref.saitama.lg.jp)までご連絡ください。

高齢者施設におけるラゲブリオの活用については、詳しくは、新型コロナウイルス感染症における経口抗ウイルス薬(ラゲブリオ®カプセル)の医療機関及び薬局への配分について(別紙及び質疑応答集の修正)(別ウィンドウで開きます)21ページQ24、25をご確認ください。

【参考】

2.パキロビッドパック®(ニルマトレルビル錠/リトナビル錠)

パキロビッドパック®(以下パキロビッド)は、現状、 安定的な供給が難しい ことから、 一般流通は行わず、 当面の間、厚生労働省が所有した上で、対象となる患者が発生又は発生が見込まれる医療機関及び薬局からの依頼に基づき、無償で譲渡することとなっています。この趣旨を踏まえ、必要以上の配分依頼、在庫の確保、対象機関以外からの配分依頼及び投与対象者以外への投与は控えていただくようお願いします。

【必読】新型コロナウイルス感染症における経口抗ウイルス薬(パキロビッド®パック)の医療機関及び薬局への配分について(別紙及び質疑応答集の修正)(別ウィンドウで開きます)

院外処方を行うには

令和4年4月22日より、無床診療所、有床診療所、病院で院外処方が可能になりました。

院外処方を行うには、パキロビッド登録センターへの登録が必要です。

パキロビッド®パック登録センター専用ダイヤル
フリーダイヤル 0120-661-060(9:00~17:30  月曜日から土曜日(日曜日・祝日を除く))

※事前に処方箋を受け入れる薬局へ、在庫状況の確認をお願いいたします。

※パキロビッド登録センターへ登録を行った医療機関は、パキロビッド登録医療機関として、診療・検査医療機関へ公表されます。

院内処方を行うには

有床診療所、病院で院内処方を行うことができます。(無床診療所は院内処方、往診による投与は行えません。)

院内処方を行うには、パキロビッド登録センターへの登録が必要です。

パキロビッド®パック登録センター専用ダイヤル
フリーダイヤル 0120-661-060(平日9:00~17:30)

※パキロビッド登録センターへ登録を行った医療機関は、パキロビッド登録医療機関として、診療・検査医療機関へ公表されます。

医療機関でパキロビッドを在庫するには

有床診療所、病院で、パキロビッドを在庫することができます。無床診療所はパキロビッドを在庫することができません。

パキロビッドを在庫するには、上記パキロビッド登録センターへの登録に加えて、埼玉県パキロビッド在庫配置医療機関リストに掲載される必要があります。

在庫を希望される医療機関は、以下のエクセル様式に必要事項を記入の上、感染症対策課(a7500-14@pref.saitama.lg.jp)へメールで提出してください。
なお、メール件名は「(医療機関名称)パキロビッド在庫配置医療機関リスト掲載希望」としてください。

パキロビッド在庫配置医療機関リスト掲載希望 申請様式(エクセル:12KB)

高齢者施設がパキロビッドを活用するには

ラゲブリオとは異なり、新型コロナウイルス感染症における経口抗ウイルス薬(パキロビッド®パック)の医療機関及び薬局への配分について(別紙及び質疑応答集の修正)(別ウィンドウで開きます)26ページQ26において、「当面の間は、対象医療機関のみで本剤を使用いただきますよう、お願いします。」とされています。

高齢者施設においては、パキロビッド登録センターに登録した医療施設からの往診や対診でパキロビッドを活用いただくことが可能です。ただし、無床診療所は院外処方しかできません(往診時に無床診療所がパキロビッドを持参することはできない)ので、パキロビッド対応薬局が配送するか、パキロビッド登録有床診療所・病院が往診時に持参する等の対応をお願いいたします。

【参考】

 

お問い合わせ

保健医療部 感染症対策課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4808

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?