Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 医療 > がん対策 > がん患者さんの生殖機能(妊孕性(にんようせい))温存治療に対する助成制度

ここから本文です。

 

掲載日:2019年9月25日

がん患者さんの生殖機能(妊孕性(にんようせい))温存治療に対する助成制度

新着情報

【令和元年9月24日】「研修会・公開講座」の情報を更新しました。

制度の概要

埼玉県では、小児、思春期・若年のがん患者さんに対して、がん治療開始に際して行う妊孕性温存治療(※1)に必要な費用の一部を助成することにより、将来に希望を持ってがん治療に取り組んでいただけるよう支援します。

※1「妊孕性温存治療」とは、がんを治療するための化学療法や放射線療法で生殖機能が損なわれることがあるため、精子、卵子等を凍結保存して、不妊に対処する治療のこと。

助成制度のご案内

平成30年度から、小児、思春期・若年のがん患者を対象に、治療に必要な費用の一部を助成します。

以下のご案内及び実施要綱をお読みいただき、要件、手続き等をよくご理解のうえ、申請してください。

なお、温存治療を行う希望がある場合は、まずがん治療主治医にご相談ください。

助成制度について、ご不明な点は、疾病対策課がん対策担当(電話:048-830-3599)までお問い合わせください。

助成制度のリーフレット(PDF:1,778KB)

ご案内目次

  1. 対象となる方
  2. 助成医療の対象
  3. 助成上限額
  4. 申請に必要な書類
  5. 手続きの流れ
  6. 申請方法  

1.対象となる方

(1)~(5)の全てを満たす方が対象となります。

(1)がんと診断された日から妊孕性温存治療終了日までの間において埼玉県内に住所を有する方

       ※2 さいたま市、川越市、越谷市、川口市 にお住まいの方も対象になります。

(2)「小児、思春期・若年がん患者の妊孕性温存に関する診療ガイドライン2017年版(一般社団法人日本癌治療

       療学会編) 」(以下「ガイドライン」という。)に基づき、がん治療により生殖機能が低下する又は失う恐

       と医師に診断された方

(3)妊孕性温存治療実施日における年齢が40歳未満の方

(4)次の所得要件を満たす方

  • 患者さんが20歳未満の場合…保護者全員(父及び母)の所得の合計が730万円未満
  • 患者さんが20歳以上で未婚の場合…患者さん本人の所得が730万円未満
  • 患者さんが20歳以上で既婚の場合…患者さん本人と配偶者の所得合計が730万円未満

  表   所得計算表

 

患者本人

配偶者

   ア   合計所得金額(※3)        

イ   一律の控除額(所得がある場合のみ)

80,000円

80,000円

80,000円

80,000円

ウ   雑損控除        
エ   医療費控除        

オ   小規模企業共済等掛金控除

       
カ   一般障害者控除(該当一人につき27万円)        
キ   特別障害者控除(該当一人につき40万円)        
ク   寡婦(夫)控除(27万円、特例の場合は35万円)        
ケ   勤労学生控除        

   コ   所得額=ア-(イ+ウ+エ+オ+カ+キ+ク+ケ)

   (マイナスは0円)

コ1

コ2

コ3

コ4

保護者の合計(コ1+コ2)が730万円未満であれば所得要件について、満たしています。

コ1+コ2

   
患者本人の合計(コ3)が730万円未満であれば所得要件について、満たしています。    

コ3

 
患者本人と配偶者の合計(コ3+コ4)が730万円未満であれば所得要件について、満たしています。    

コ3+コ4

 ※3「ア欄」における総所得額は、給与所得や事業所得、その他の所得を合算したものです。 

     市町村県民税所得証明書(又は課税(非課税)証明書)の合計(総)所得金額を記入します。

     (参考)給与所得(給与所得控除後の所得額)、事業所得(事業収入ー必要経費)

     所得の計算については、児童手当法施行令第2条、第3条を準用します。

 

(5)特定不妊治療費助成事業指定医療機関であり、日本産科婦人科学会の「医学的適応による未受精卵子、胚(受精卵)および卵巣組織の凍結・保存に関する見解(平成28年6月改定)」に準じて妊孕性温存治療を行う医療機関において妊孕性温存治療を受けた方(詳しくは主治医に御確認ください。)

2.助成医療の対象

  • ガイドラインにおける推奨グレードA、B及びC1に基づき行われる妊孕性温存治療に要する自己負担額のうち、保険適用外の費用となります。
  • 入院費、入院時の食事代等治療に直接関係のない費用や、凍結保存の維持に係る費用は対象外です。
  • 平成30年4月1日以降に開始された妊孕性温存治療が対象となります。
  • 体調不良などにより、妊孕性温存治療を中止した場合であっても助成の対象となりますが、この場合は1回の助成として認定します。

3.助成上限額

以下の金額を上限に、患者さん一人につき1回助成します。

卵子、卵巣組織の採取凍結

卵子の採取、受精による胚(受精卵)の凍結

25万円
精子の採取凍結 5万円
手術を伴う精子の採取凍結 25万円

4.申請に必要な書類

(1)埼玉県がん患者妊孕性温存治療費助成申請書(様式第1号)(エクセル:63KB)

       埼玉県がん患者妊孕性温存治療費助成申請書(様式1号)(PDF:134KB)

      ※4 助成金の振込先は申請者欄に記載された方名義の口座を記載してください。

(2)埼玉県がん患者妊孕性温存治療実施証明書[妊孕性温存治療実施医療機関用](様式第4号)(エクセル:52KB)

       埼玉県がん患者妊孕性温存治療実施証明書[妊孕性温存治療実施医療機関用](様式4号)(PDF:162KB)

       埼玉県がん患者妊孕性温存治療実施証明書[がん治療実施医療機関用](様式第5号)(エクセル:37KB)

       埼玉県がん患者妊孕性温存治療実施証明書[がん治療実施医療機関用](様式5号)(PDF:116KB)

(3)妊孕性温存治療費助成申請についての同意書(様式第6号)(エクセル:26KB)

       妊孕性温存治療費助成申請についての同意書(様式第6号)(PDF:87KB)

(4)世帯全員の住民票(原本)
     (続柄の記載があり、個人番号の記載のないもので、発行から3か月以内のもの)

(5)1.対象となる方(4)次の所得要件を満たす方を確認できる、患者さん本人、配偶者又は保護者全員(父及び母)の

       市町村県民税所得証明書、課税証明書又は非課税証明書(各控除額が記載されたもの)(原本)

(6)助成金の振込を希望する銀行口座の通帳等カナ名義及び口座番号が分かるもの(写し)

(7)助成の対象となる妊孕性温存治療費の領収書(原本)

       ※5 助成額決定後、助成を行なった旨の印を押して返却します。

(8)埼玉県がん患者妊孕性温存治療費助成事業に係るアンケートについての同意書(提出任意)(エクセル:28KB)

       埼玉県がん患者妊孕性温存治療費助成事業に係るアンケートについての同意書(提出任意)(PDF:82KB)

新規・更新箇所申請に必要な書類の郵送を希望される場合

92円切手を貼付した返信用封筒及び連絡先電話番号と「妊孕性温存治療費助成申請書類郵送希望」と記載したメモを同封し、

6.申請方法にある【郵送先】あてに送付。

5.手続の流れ(一般的な流れ)

 手続の流れ※6

※6 平成30年度治療終了分の助成制度申請締切について

平成30年度に妊孕性温存治療を実施された方の申請受付は、平成31年3月29日までとなります。

また、平成31年2月1日から平成31年3月31日までに妊孕性温存治療が終了した方は、

申請を平成31年4月26日まで受付します。

やむ負えない事情等で申請が難しい場合は、まず電話で担当までご相談ください。

対象  平成30年度に妊孕性温存治療されたがん患者さん

お問合せ  県疾病対策課がん対策担当  (電話048-830-3599)

6.申請方法

申請は、下記あて先に郵送でお願いします。なお、特定記録や簡易書留を利用して送付するようお願いします。

【郵送先】〒330-9301   埼玉県さいたま市浦和区高砂3-15-1

              埼玉県保健医療部   疾病対策課   がん対策担当

埼玉県庁専用郵便番号「330-9301」と「疾病対策課」を記入すればあて先住所を省略しても届きます。

封筒の表に「妊孕性温存治療費助成申請書在中」と朱書きしてください。

 実施要綱

研修会・公開講座

 医療従事者向け研修会1004

【第2回】

           日時  令和元年10月4日(金曜日)  18時00分~20時30分 

                                                         (17時30分~受付開始)

           会場  さいたま市立病院  仮設棟  第2会議室

                   (さいたま市緑区三室2460番地)

           対象  医師、看護師、がん相談支援センター相談員等、医療従事者

           内容  右記のチラシのとおり

           申込  別紙(ワード:24KB)に必要事項を記入し、

                    埼玉医科大学総合医療センター  産婦人科  医局 あてに             (PDF:444KB) 

                    ファックス(049-226-1495)で申し込む。

                    10月1日(火曜日)締切

            ※  詳細はこちらのご案内を御確認ください。

                (通知(PDF:128KB)会場までのご案内(PDF:351KB)

【第3回】

            日時  令和2年1月28日(火曜日) 夕方

            会場  埼玉医科大学国際医療センター(日高市山根1397-1)

            ※   申込の開始や申込み方法等詳細は、決まり次第、ご案内いたします。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部 疾病対策課   がん対策担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4809

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?