トップページ > 健康・福祉 > 福祉 > 社会福祉法人 > 社会福祉法人等の寄附金品受入報告について

ページ番号:19677

掲載日:2021年3月30日

ここから本文です。

社会福祉法人等の寄附金品受入報告について

会福祉法人等が、以下に該当する金品の寄附を受けた場合、県に報告をすることが定められています。(市町村が所管する社会福祉法人を除く)

  • 1)1件100万円相当額以上の寄附を受け入れた場合
  • 2)同じ寄付者から会計年度に受け入れた寄附の合計が、100万円相当額以上となる場合

当する寄附を受けた場合は、1)の場合はその都度、2)会計年度終了後、県社会福祉課に報告をしてください。2)の場合は、1件にまとめて報告してください。報告は郵送でも受け付けています。

告に当たっては、以下の様式を使ってください。

会福祉施設における寄附の取扱い(別紙)内で参照するとしている、平成13年8月7日付社福第1128号通知については、平成13年7月19日付社援基発第23号厚生労働省通知「社会福祉施設等施設整備費及び社会福祉施設等設備整備費に係る契約の相手方等からの寄付金等の取扱いについて」の内容に留意するよう求める内容です。

該通知は、社会福祉法人等が社会福祉施設の整備事業を行うために締結する契約の相手方等から寄附金等の資金提供を受けることを禁止するものです。

福第1128号通知自体は独自の内容を持っていないため、文書ファイルを掲載していません。

 

お問い合わせ

福祉部 社会福祉課 施設指導・福祉人材担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4782

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?