ページ番号:78555

掲載日:2022年1月14日

ここから本文です。

燃料電池自動車

燃料電池自動車とは

燃料電池自動車は、水素を燃料に走行する自動車です。
タンク内の水素と空気中の酸素を燃料電池で反応させ、発生した電気でモーターを回して走行します。電気自動車と同じ電動車の一種ですが、燃料電池自動車は電気自動車よりも航続距離が2~3倍と長距離の走行が可能です。
また、走行時に排出するのは水だけで、二酸化炭素や大気汚染物質を一切排出しないため、環境に優しい自動車です。

埼玉県庁における導入

燃料電池自動車

平成27年6月 トヨタ自動車株式会社のミライを1台導入
平成28年3月 本田技研工業株式会社のクラリティ・フューエルセルを1台導入
平成29年1月 本田技研工業株式会社のクラリティ・フューエルセルを2台導入
平成30年5月 平成28年に導入したクラリティの契約を更新(現在、計4台)

これらの燃料電池自動車は県庁の公用車として利用しているほか、試乗会やイベントなどで県民の方々にも御乗車いただいています。

外部給電器―パワーエクスポーター9000―について

外部給電器

 クラリティと外部給電器

外部給電器は、燃料電池自動車で発電した「直流の電気」を「交流の電気」に変換し、燃料電池自動車から電気を取り出すための装置です。燃料電池自動車と接続すれば、家庭用電気機器の電源として使うことができ、一般家庭のおよそ7日分の電力を供給できます。
災害時等の非常用電源として利用できるほか、平常時でも屋外イベント等の電源に利用でき、埼玉県でも各種イベントの電源としてこの外部給電器を利用しています。

補助金


平成29年度~令和元年度に補助金の交付を受けた方

お問い合わせ

環境部 エネルギー環境課 創エネルギー推進担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎3階

ファックス:048-830-4778

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?