ページ番号:133621

掲載日:2021年6月7日

ここから本文です。

取組の概要(ゼロカーボン埼玉)

ゼロカーボン埼玉とは、「東京2020大会のカーボンオフセット」への協力と「ゼロカーボン3デイズin2019」の実現に向けた取組の総称です。

 

御協力いただいた事業者

65事業者 964,064 トン-CO2

  • うち「東京2020大会のカーボンオフセット」への協力 64事業者 915,078 トン-CO2
  • うち「ゼロカーボン3デイズin2019」の実現 15事業者 48,986 トン-CO2
御協力いただいた事業者の一覧(PDF:726KB)

御協力いただいた事業者のみな様、ありがとうございました。

 

東京2020組織委員会へのクレジットの引渡し

埼玉県は、「東京2020大会へのカーボンオフセット協力」分の915,078トンを、令和3年6月4日に東京2020組織委員会に引き渡しました。

引き渡したクレジットは、東京2020大会において削減努力を行っても排出が避けられないCO2のオフセットに使用されます。

 

感謝状の贈呈

御協力いただいた事業者のうち1万トン以上のクレジットを御提供いただいた事業者に対しまして、以下のとおり感謝状を贈呈しました。

令和元年度

令和元年10月までに御提供いただいた事業者に対しまして、令和元年11月25日開催のゼロカーボン埼玉感謝状贈呈式にて、知事から感謝状を贈呈しました。

 令和2年度

令和元年11月から申請期限(令和2年9月7日)までに御提供いただいた事業者に対しまして、令和2年1月13日付けで知事から感謝状を贈呈しました。
(※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ゼロカーボン埼玉感謝状贈呈式は中止となりました。)

 

取組の概要

埼玉県は平成23年度から「目標設定型排出量取引制度」を実施しています。

対象事業者のCO2削減努力により、目標を達成した事業者において多くのオフセットクレジットが創出されています。

そこで、下記(1)及び(2)の取組について、同制度によるクレジットを活用しカーボンオフセットを実施することにし、同制度の対象事業者の皆さまに対してクレジット寄付の御協力をお願いしました。

(2つの取組の総称を「ゼロカーボン埼玉」といいます。)

(1) 東京2020組織委員会が目指す「東京2020大会のカーボンオフセット」への協力

東京オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020大会)組織委員会が実施する、東京2020大会の開催に伴い発生するCO2排出量をゼロにする取組「東京2020大会のカーボンオフセット」に協力することとしました。

(2) 「ゼロカーボン3デイズin2019」の実現

オリンピック・パラリンピックと並び大きな国際スポーツ大会である、ラグビーワールドカップTM2019日本大会の熊谷ラグビー場での開催について、開催3日間及び熊谷ラグビー場のこけら落としイベント等の関連イベントの開催日において熊谷市内で排出されるすべてのCO2をオフセットする取組「ゼロカーボン3デイズin 2019」を、埼玉県独自の取組として実施することにしました。

募集内容

ゼロカーボン埼玉に係るクレジット寄付の申請は、令和2年9月7日をもって終了しました。多数の御寄付をいただきありがとうございました。

 

寄付をいただいた方への御案内

寄付事実の公表については、発信内容の限定などがあります。下記「寄付をいただいた方への御案内」を必ず御覧ください。

寄付をいただいた方への御案内

 

報道発表資料(目標設定型排出量取引制度が、東京オリンピック・パラリンピック競技大会に貢献!(平成30年7月20日公表))

報道発表資料(ゼロカーボン3デイズの実施について(平成30年10月16日公表))

資料「目標設定型排出量取引制度のクレジットを活用した取組(PDF:1,622KB)

 

カーボンオフセット 組織委員会ホームページ(外部ページ)

 

お問い合わせ

環境部 温暖化対策課 計画制度・排出量取引担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎2階

ファックス:048-830-4777

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?