トップページ > 県政情報・統計 > 広報 > 広報紙・テレビ・ラジオ・ソーシャルメディア > 広報紙「彩の国だより」 > 「彩の国だより」令和5年12月号 > 知事コラム「作品に流れる『埼玉愛』、思い出しながら本県の魅力満喫を」

ページ番号:245398

掲載日:2024年1月1日

ここから本文です。

知事コラム

作品に流れる「埼玉愛」、思い出しながら本県の魅力満喫を

埼玉県知事 大野元裕 写真

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』が公開されました。

前作である第1作は、所沢市内に住んでいた漫画家・魔夜峰央先生の原作を実写で映画化し平成31年に公開されました。東京都民に虐げられた埼玉県人が自由を求めて戦うストーリーと、本県を面白おかしくディスり(いじり)つつも、郷土愛に溢れた内容が大きな反響を呼び、観客動員数291万人、37億円を超える興行収入を記録した大ヒット作品となりました。

都道府県別の興行収入では本県が24%を占め、全国一となり、「埼玉ディスりを一番楽しんだのが、ほかでもない埼玉県民」と話題になりました。令和2年に地上波で放送されると、名だたるライバルを抑えて、同年の映画放送で最高の視聴率を記録するなど、根強い人気を誇っています。

前作に続いて、今回もディスられるのは「いい加減にしてくれ」とも思いましたが、実際に作品を見てみるとやはりクスクスと笑ってしまいました。同時に、今回も「埼玉への愛」を強く感じさせられました。

さて、作品それ自体を楽しんでいただくのはもちろんのこと、ぜひこれをきっかけに、皆さんには埼玉県に注目をしていただき、県内のゆかりの場所を訪れていただきたいと思います。今回の「彩の国だより」では、作品の中でカギとなる武蔵野線に注目し、その沿線で楽しめるお出掛けスポットや、各地で行われるイベントを紹介しています。

ご紹介したスポット以外にも、古くから愛される「武蔵野うどん」をはじめとした本県の多彩なうどんを食べ歩いたり、さらに足を伸ばして秩父地域のロウバイや氷柱、越生の梅をご覧いただいたりするなど、埼玉の冬の景色を楽しんでいただきたいと思います。

本県では県内の観光地やグルメなどを紹介する動画を作成し、公開に合わせて映画館などで上映するなど、県内の観光周遊を促すプロモーションを実施し、映画が取り上げる「日本埼玉化計画」を応援してまいります。

映画をご覧になって心に抱いた「埼玉愛」を思い出しながら、本県の多彩な魅力を満喫してください。

QRコード

▲知事の日常業務はこちらからご覧いただけます(別ウィンドウで開きます)

埼玉県知事 大野元裕

お問い合わせ

県民生活部 広報課 テレビ・ラジオ・広報紙担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?