トップページ > 県政情報・統計 > 個人情報 > 個人情報保護制度 > 開示請求 > 保有個人情報の開示請求書等の様式

ページ番号:190646

掲載日:2021年2月9日

ここから本文です。

保有個人情報の開示請求書等の様式

  • 請求する個人情報の内容は、できるだけ具体的に記入してください。記載された内容で請求する個人情報が特定できない場合、補正等をお願いさせていただく場合があります。
  • 公安委員会及び警察本部長、県議会が保有する個人情報を請求する場合は、請求書の様式及び受付窓口が異なります。
  • 開示請求書の宛先は、請求する個人情報を保有する実施機関となります。(例えば、知事部局の課所であれば「埼玉県知事」、教育局や県立学校であれば「埼玉県教育員会」と記入してください。  

 開示請求

注)開示請求をする際には、請求書のほかに本人確認書類が必要となります。(請求方法等により必要となる書類が異なりますので、「本人確認書類の提出・提示について」を確認してください。)

訂正請求

注1)訂正請求をする際には、請求書のほかに本人確認書類が必要となります。(請求方法等により必要となる書類が異なりますので、「本人確認書類の提出・提示について」を確認してください。)

注2)訂正請求は、条例に基づく開示請求を行い、開示の実施を受けた保有個人情報に限り行うことができます。

利用停止請求書 

注1)利用停止請求をする際には、請求書のほかに本人確認書類が必要となります。(請求方法等により必要となる書類が異なりますので、「本人確認書類の提出・提示について」を確認してください。)

注2)利用停止請求は、条例に基づく開示請求を行い、開示の実施を受けた保有個人情報に限り行うことができます。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?