Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県概要 > 埼玉県民の日 > 県民の日記念作文コンクール

ここから本文です。

 

掲載日:2020年3月24日

県民の日記念作文コンクール

コバトン

「県民の日」記念作文コンクールは、「埼玉県民の日」が制定された昭和46年から、毎年、県民の日を記念して県内の小中学生から作文を募集し、優秀作品を表彰するコンクールです。

  この作文を書くことを通じて、未来の埼玉をつくる子どもたちに郷土の歴史や風土、様々な魅力を見つめ直してもらうことを目的としています。

令和元年度「県民の日記念作文コンクール」について

第49回「県民の日」記念作文コンクール募集要領(PDF:294KB)

第49回「県民の日」記念作文コンクール作品応募票(PDF:91KB)

   令和2年度は「わたしが伝えたい埼玉県の魅力」のテーマで募集をしました。地元への愛着や未来への希望をいきいきと表現した素晴らしい作品3,969点が集まり、最優秀賞と優秀賞の計60作品が入選しました。

最優秀賞(小学生)

受賞者: 草加市立八幡小学校 二年 堀切 美沙さん

作品名: 大すきなかるた

   「せんべいで 人の心を まるくする」

これは草かおたからかるたにでてきます。わたしはこのかるたが大すきです。

 草かおたからかるたは一年生の時に学校でくばられました。草かのゆう名なものやみんなにしょうかいしたいものがつまっています。おねえちゃんとこのかるたをしたら、すぐにおぼえてスラスラ言えるようになりました。だから、草かにすんでいても知らなかったことを新しく知ることができました。

 夏休みにおばあちゃんのいえにあそびに行ってこのかるたをしました。いとこは草かにすんでいないので分からないかなと思ったけれど、

「これおもしろい。草かっておせんべいだけじゃないんだ。」

と言っていて、なんだかうれしい気もちになりました。わたしはおかあさんに、

「こういうかるたはほかにもあるのかな。」

ときいてみたら、

「おかあさんは子どもの時にさい玉きょう土かるたをやっていたよ。たとえば、あはあら川はゆたかなさい玉つくる川だよ。」

と言っていました。今でもかるたの絵をおぼえているのもあるそうです。わたしは、小さいころやったかるたをおぼえているなんてすごいな、わたしもさい玉きょう土かるたをやってみたいと思いました。そうしたら、草かだけじゃなくて、さい玉のことをもっとはっけんすることができると思います。それから、ほかのけんやしの人にも、草かやさい玉のこのかるたをやってもらいたいです。かるたで、草かってこういうのがあるんだよ、さい玉ってすごいんだよとみんなにつたえたいです。

 さいごに、草かおたからかるたのあはこれではじまります。わたしのいえのちかくです。

「あやせ川 ながれるよこに まつなみ木」

ぜひあそびにきてください。

 

 最優秀賞(中学生)

受賞者:飯能市立美杉台中学校 一年 岩沢 綾乃さん

作品名:埼玉のおいしいお茶

   私達になじみ深いお茶。埼玉県には日本でも有数のお茶の産地があります。狭山茶といわれ、狭山茶摘み歌では、『色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす。』と歌われています。

 入間市にある私の祖母の実家は、お茶農家をしており、毎年春から夏にかけてのお茶摘みの時期にはお茶工場が稼働しています。私はこのお茶工場の中で、お茶を蒸したり煎ったりしているのを見せてもらうのが好きです。ベルトコンベアーでどんどん運ばれて行く茶葉が工程を進む毎に形を変えていくところはずっと見ていても飽きません。工場の中は、急須でいれた時よりも濃く、みずみずしく深いとても良い香りがします。エアコンのない工場の中はとても暑く、祖母の弟さんは夜通し作業をしています。熱中症が心配になってしまいます。

 私の祖父母も手伝いをしており、家族総出で茶摘みをしています。広い茶畑には、日差しを遮るものはなく、一日を終えると真っ黒になって帰ってきます。

 皆さんは茶畑にある大きな扇風機が何のためにあるのか知っていますか。私は小さいころこの扇風機を大きなかざぐるまだと思っていました。お茶の葉を冷やすためのものかと思っている人もいるかと思いますが実はちがいます。防霜ファンと言い、春先に大活躍します。新芽が芽吹く大事な時期に冷えこむと、お茶の葉に霜がつき、葉っぱが枯れてしまいます。これを防ぐためには上空の暖かい空気を冷えてしまった地上に送りこむ必要があります。このファンで空気を混ぜて、被害を食い止めているのです。広い茶畑の中で防霜ファンが夕日を浴びて回っている姿を是非一度見ていただきたいです。地域によっては富士山もバックに見えて、とても素敵です。

 お茶農家さんは茶摘みの時期だけでなく、年間を通してお茶の木を守っています。害虫や雑草を防ぐために、春一番そして茶摘み後に消毒を行います。良く育つように肥料もまきます。茶摘み後にまく肥料を、お礼肥といい、良いお茶が取れたことに感謝と木への労いをこめます。

 私は、秋から冬にかけて咲くお茶の花が好きです。白い小さな花びらが六、七枚、真ん中に黄色いしべが沢山見られるのですが、茶畑ではあまり見ることができません。お茶の木には葉っぱの生育に栄養を使ってほしいので、花や実を摘み取ってしまうのです。大切に育てられているお茶の木が災害や害虫にあわず、無事に育つといいなと思いました。

 工場で生産されるお茶の他に、手揉み茶という製法で作られるお茶があります。手作業が多く、時間がかかりとても大変ですが、お茶の香りと味は別格です。二〇一九年現在、手揉み茶の技術が最も優れているのは入間市なのだそうです。

 このように、埼玉には素晴らしい特産品があります。ペットボトルのお茶がスーパーやコンビニエンスストアなどに並んでおり、手にとることも多いと思いますが、是非急須でいれたお茶を飲んでみてください。日本三大緑茶の静岡茶、宇治茶とともに、狭山茶を飲み比べてみるのも良いと思います。

 『朝茶はその日の難逃れ』と言うことわざがあるように、朝に飲むお茶はその日の災難を逃し、幸運を運んでくると言います。忙しい朝の支度の中でも、急須でお茶を入れる習慣をつけ、香りや味を楽しむ心の余裕を持てると良い生活が送れるのかなと思います。

 

 第49回「県民の日」記念作文コンクール入選作品集

  1. 表紙(PDF:105KB)
  2. 発刊に当たって(PDF:130KB)
  3. 最優秀賞受賞者紹介(PDF:152KB)
  4. 目次(PDF:181KB)
  5. 作品(PDF:1,136KB)
  6. 募集要領(PDF:242KB)
  7. 第2次審査員名簿(PDF:57KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 魅力発信担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?