トップページ > 彩の国統計情報館 > 経済全般 > 埼玉県景気動向指数

ページ番号:37725

掲載日:2021年8月31日

ここから本文です。

埼玉県景気動向指数

埼玉県景気動向指数 令和3年(2021年)6月分の公表(令和3年8月31日掲載)

 基調判断

  • 景気動向指数(CI一致指数)は、改善を示している。

 指数の動き

  • 6月のCIは、先行指数:123、一致指数:81.3、遅行指数:84.3となった。(平成27年(2015年)=100)
  • 先行指数は、前月と比較して3.1ポイント上昇し、3か月連続の上昇となった。3か月後方移動平均は、2.94ポイント上昇し、6か月連続の上昇、7か月後方移動平均は、2.74ポイント上昇し、10か月連続の上昇となった。
  • 一致指数は、前月と比較して3.9ポイント上昇し、2か月ぶりの上昇となった。3か月後方移動平均は、1.06ポイント上昇し、2か月ぶりの上昇、7か月後方移動平均は、1.16ポイント上昇し、7か月連続の上昇となった。
  • 遅行指数は、前月と比較して1.7ポイント上昇し、5か月ぶりの上昇となった。3か月後方移動平均は、0.5ポイント下降し、14か月連続の下降、7か月後方移動平均は、0.38ポイント下降し、21か月連続の下降となった。

一致指数の前月差に対する個別系列の寄与度 

寄与度がプラスの系列 寄与度
C9:県耐久消費財出荷指数 1.05
C1:県生産指数(製造工業) 0.89
C8:県生産財出荷指数 0.67
C4:県有効求人倍率(除学卒) 0.66
C5:県雇用保険初回受給者数(逆サイクル) 0.33
C3:県投資財出荷指数 0.16
C2:県所定外労働時間指数(調査産業計) 0.11
C6:県建築着工床面積(非居住用) 0.07

 

寄与度がマイナスの系列 寄与度
C7:県百貨店・スーパー商品販売額 -0.05

※各個別系列のウェイトは均等です。

 一致指数の推移

 CI一致指数グラフ

 統計表

過去の概要

景気動向指数は毎月遡及改訂(過去にさかのぼって改訂)されます。御利用の際は、最新の公表分を御参照いただいた上で、過去の概要は参考資料としてお使いください。

令和3年(2021年)

令和2年(2020年)

平成31年/令和元年(2019年)

平成30年(2018年)

過去の概要

御利用上の注意

  • この指数は毎月遡及改訂されます。御利用の際は、過去の数値も含め、最新の公表分を御参照ください。
  • この指数を作成する際の季節調整では、対象系列の全期間の季節調整値を毎月再計算しています(同時調整方式)。そのため、当該個別系列の季節調整値及びそれらに基づく景気動向指数も毎月遡及改訂されます。

埼玉県景気基準日付について (令和3年1月29日更新)

景気循環の局面判断に資するため、埼玉県景気動向指数を踏まえ、景気循環の転換点として「埼玉県景気基準日付」(景気の山・谷)を設定しています。1999年4月分より推計しているため、第13循環の山から設定しています。
※埼玉県景気動向指数における景気循環は、国の景気動向指数の景気循環に合わせた名称を使用しています。 

景気の山の暫定設定について

埼玉県の景気循環は、第14循環の谷(平成21年5月)以降、第15循環の拡張期が継続している状況でしたが、平成30年5月を暫定的に第15循環の景気の山と設定することとしました。

これは、景気の基調的な動きを示し、景気の山・谷(景気基準日付)を決定づける指標である「ヒストリカルDI」が平成30年6月以降50%を下回って推移(過半の系列が下降)していることや、3つの判断基準(波及度、量的な変化、期間の長さ)からも経済活動の収縮が大部分の経済部門に波及・浸透していることが確認できたためです。

この設定に当たっては、有識者等によって構成される埼玉県景気動向指数懇話会を開催して検討を行い、了承されました。

なお、今回の景気の山は暫定的に設定されるものであり、今後の景気の谷の設定等を踏まえて確定する予定です。

詳しくは、資料(PDF:287KB)をご覧ください。

埼玉県の景気循環

埼玉県の景気基準日付は以下のとおりです。

循環

全循環期間

拡張期間

後退期間

第13循環

H11(1999).4

H12(2000).12

H14(2002).3

35か月

20か月

15か月

第14循環

H14(2002).3

H19(2007).9

H21(2009).5

86か月

66か月

20か月

第15循環

H21(2009).5

H30(2018).5
(暫定)

 

 

108か月

 

県消費者物価指数(遅行指数の採用系列)のデータの変更について(令和元年12月26日)

埼玉県景気動向指数の遅行指数の採用系列である県消費者物価指数のデータは、消費税引上げによる遅行指数への影響を取り除くため、消費税引上げ後1年間は消費税の増加パーセント分を原データから控除してきました。しかし、令和元年10月の消費税引上げにおいては軽減税率の適用や幼児教育無償化等が併せて実施されるため、消費税引上げ分を一律に原データから控除すると景気の現状と一致しなくなるおそれがあります。
そのため、学識経験者等で構成する埼玉県景気動向指数懇話会(令和元年11月18日開催)で議論した結果を踏まえ、令和元年10月分から原データのとおり消費税引上げ分を含むデータに変更することとしました。
これに伴い、過去のデータについても、指数算出の開始月である平成11年(1999年)4月に遡及して改定しました。

平成27年(2015年)基準への改定(平成31年3月29日)

平成31 年1 月分から、CIの基準年を従来の平成22年(2010年)から平成27年(2015年)に変更しました。CIの先行、一致、遅行の各指数は、平成27年(2015年)の平均値が100.0になります。

また、新しい基準年に基づきCIの各指数を遡及改訂しています。

有効求人倍率(一致指数の採用系列)のデータの変更について(平成30年12月27日)

埼玉県景気動向指数の一致指数の採用系列の1つである有効求人倍率のデータは、これまで埼玉県内で受け付けた求人数から計算する「受理地別」のデータを使用してきました。これには埼玉県内を就業地とする県外で受け付けた求人数が含まれていません。埼玉県内の求人の実態をより正確に反映させるため、平成30年10月分から、県外で受け付けた求人数を含む「就業地別」の有効求人倍率を使用して景気動向指数を作成することとしました。
これに伴い、過去の指数についても、指数算出の開始月である平成11年(1999年)4月に遡及して改定しました。

 

埼玉県景気動向指数の採用系列改定について(平成29年3月31日掲載)

平成24年度から公表している埼玉県景気動向指数の採用系列について見直しを行いました。

平成28年3月でデータ公表を終了した大口電力使用量などを除外したほか、景気への反応をより高めるため、景気ウォッチャー先行き判断DI、生産財出荷指数などを追加しました。

  • 先行系列  所定外労働時間指数(製造業)を除外し、景気ウォッチャー先行き判断DIを加える。
  • 一致系列  大口電力使用量を除外し、所定外労働時間(調査産業計)、生産財出荷指数及び耐久消費財出荷指数を加える。県建築着工床面積(非居住用)は、データの不規則変動の影響を抑えるため、3か月平均のデータを使用する。
  • 遅行系列  銀行貸出約定平均金利(全国ストックベース)を除外し、県有効求職者数及び名目賃金指数(定期給与・製造業)を加える。

     資料  埼玉県景気動向指数の採用系列改定について(PDF:418KB)

埼玉県景気動向指数懇話会について

埼玉県の景気動向や景気基準日付の設定など景気動向指数の作成に関して、幅広い観点から議論するとともに、専門的助言をするため埼玉県景気動向指数懇話会を設置しています。

関連する情報

お問い合わせ

総務部 統計課 経済分析担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

ファックス:048-822-3758

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?