トップページ > 彩の国統計情報館 > 教育・文化 > 学校保健統計調査 > 平成30年度 > 埼玉県/平成30年度学校保健統計調査 調査結果

ページ番号:144003

掲載日:2019年1月10日

ここから本文です。

埼玉県/平成30年度学校保健統計調査 調査結果

1 発育状態

(1) 年齢別平均値(表1・2、図1・2、統計表1・2・7・8)

ア 身長

  • 身長の平均値の推移は、おおむね横ばい傾向である。

 表1

図1-1

  図1-2 

 

イ 体重

  • 体重の平均値の推移は、平成5年度から平成20年度あたりをピークに、その後減少もしくは横ばい傾向となっている。

 表2

図2-1 

 図2-2

 

 ページの先頭へ戻る

(2) 男女間の比較(表3、図3、統計表1・2)

 同年齢の男子と女子の平均値を比較すると、身長は10歳、11歳で、体重は11歳で女子が男子を上回っている。

表3

 図3  

 (3) 全国との比較(表4、図4、統計表7・8)

    表4 

 図4

ページの先頭へ戻る

(4) 30年前(昭和63年度)との比較(表5、図5、統計表7・8)

  •  30年前の昭和63年度の調査結果と比較すると、男子の平均値は、身長が12歳と14歳で+1.3cm、体重は16歳で-1.9kgと、最も差が大きい。
  •  女子の平均値は、身長が5歳で-0.8cm、体重が15歳で-0.8kg、17歳で+0.8kgと最も差が大きい。

表5

図5

ページの先頭へ戻る

2 肥満傾向児・痩身傾向児の出現率(表6、図6・7・8・9、統計表3・4・9)

  • 肥満傾向児の出現率は12歳が高く、男子では12歳、女子では17歳が最も高かった。 
  • 痩身傾向児の出現率は16歳が高く、男子では16歳、女子では12歳が最も高かった。 
  • 全国と比較すると、肥満傾向児の出現率は6歳、10歳、12歳、13歳で全国を上回 っている。一方、痩身傾向児の出現率は、5歳、6歳、11歳~16歳で全国を上回っている。

表6

図6図7

 図8

図9

 

 

ページの先頭へ戻る

3 健康状態

(1) 疾病・異常等の状況

 表7

ページの先頭へ戻る

(2) 主な疾病・異常等の状況

 ア 裸眼視力(表7、図10、統計表5・6・10)

  • 小学校における裸眼視力1.0未満の者の割合は30.7%と、県別集計が可能となった平成18年度以降初めて30%を超えた。
  • 裸眼視力1.0未満の者の割合は、幼稚園(5歳)で23.1%、小学校6年生(11歳)では42.5%となっている。 

 2図10タイトル

     2図102図10注

 

ページの先頭へ戻る

イ むし歯(う歯)(表7・8、図11・12・13、統計表5・6・10)

  • むし歯(処置完了者を含む)の者の割合は、幼稚園28.8%、小学校37.9%、中学校31.0%、高等学校38.9%で、前年度と比較して、すべての学校段階で減少した。 
  • 全国と比較すると、むし歯の者の割合は、すべての年齢で全国を下回った。 
  • 5歳から7歳で「処置完了者」と比べて「未処置歯のある者」の割合が高くなっている。

 図11

表8

 

図12

 

図13

ページの先頭へ戻る

ウ  アトピー性皮膚炎(表7、図14・15・16、統計表5・6・10)

  • 被患率を年齢別にみると、9歳が最も高く、2.9%となっている。
  • アトピー性皮膚炎の者の割合は、前年度と比較して、幼稚園、小学校、中学校で減少、高等学校で増加した。
  • 全国と比較すると、すべての年齢で全国を下回っている。 

図14

図15

2図16

ページの先頭へ戻る

エ ぜん息(表7、図17・18・19、統計表5・6・10)

  • 被患率を年齢別にみると、7歳が最も高く、2.8%となっている。
  • 全国と比較すると、すべての年齢で全国を下回っている。 

図17

図18

図19

 

お問い合わせ

総務部 統計課 労働学事担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

ファックス:048-822-3758

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?