トップページ > 彩の国統計情報館 > 教育・文化 > 学校保健統計調査 > 平成17年度 > 埼玉県/平成17年度学校保健統計調査調査の概要

ページ番号:14035

掲載日:2018年1月5日

ここから本文です。

埼玉県/平成17年度学校保健統計調査調査の概要

1 調査の目的

この調査(指定統計第15号)は、文部科学省が昭和23年度から実施しており、児童、生徒及び幼児(以下「児童等」という。)の発育並びに健康状態を明らかにし、学校保健行政上の基礎資料を得ることを目的とする。

2 調査の対象

国・公・私立の小学校、中学校、高等学校及び幼稚園のうち、調査実施校に指定された学校の児童等の一部である。ただし、4歳以下の幼児は除く。
なお、本県における調査実施学校数、調査対象者数及び抽出率は、次のとおりである。

調査実施学校数と対象者数

区分

調査実施学校数

調査対象者数
(身長計測受検者)

小学校

60校

5,751人

中学校

40校

4,781人

高等学校

60校

2,696人

幼稚園

35校

1,517人

195校

14,745人

全児童、生徒及び幼児の約1.79%を抽出。

3 調査事項

  • (1)児童等の発育状態に関する事項(身長、体重及び座高)
  • (2)児童等の健康状態に関する事項(栄養状態、せき柱・胸郭の疾病・異常、視力、聴力、眼の疾病・異常、耳鼻いん頭疾患、皮膚疾患、歯・口腔の疾病・異常、結核、心臓の疾病・異常、尿、寄生虫卵、その他の疾病・異常及び結核に関する検診の結果)

4 実施時期

平成17年4月から6月の間に実施された学校保健法による健康診断の結果に基づき、調査を実施した。

5 調査方式

調査実施校に指定された学校の学校長又は園長が、発育状態調査票及び健康状態調査票を提出する。

6 調査系統

この調査の調査系統は、次のとおりである。文部科学大臣-都道府県知事-調査実施校の長

7 利用上の注意

  • (1)年齢は、平成17年4月1日現在の満年齢である。
  • (2)この報告書は、文部科学省において集計した速報値をもとに取りまとめたものであり、後日、文部科学大臣が公表する数値が確定値となる。
  • (3)健康状態調査結果については、全国値を求める標本数であるため、都道府県別の集計値公表は行っていない。

お問い合わせ

総務部 統計課 労働学事担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

ファックス:048-822-3758

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?