• トップページ
  • 診療のご案内
  • センターのご紹介
  • 当施設について
  • 診療関連部門診療科のご案内
  • 採用案内

埼玉県立がんセンター > 診療関連部門のご案内 > がんゲノム医療センター

ここから本文です。

 

掲載日:2019年7月8日

がんゲノム医療センター

ご挨拶

  2019年(令和元年)6月より、一度に数百個の遺伝子を調べ(この検査は、「がん遺伝子パネル検査」と呼ばれています)、個々のがんに効果が期待できる治療薬を探索する試みが保険診療としてスタートしました。これらの検査をがん患者さんひとり一人の最適な診療に結び付けるためには

1)わかりやすい検査の説明

2)検査に適したがん組織標本の準備

3)精度の高い遺伝子解析

4)得られた結果の解釈や治験情報

5)わかりやすい結果の説明や遺伝カウンセリング

6)臨床情報の収集・登録など多岐にわたるため、様々な医療スタッフ・専門家の連携・協力

が必要となります。こうしたニーズに応えるため、この度、院内に「がんゲノム医療センター」を設置し、がんゲノム医療のお手伝いをさせていただくことになりました。ぜひ、ご活用ください。

赤木先生

がんゲノム医療センター

センター長 赤木 究

 

がんゲノム医療センターを設置しました

 埼玉県立がんセンターは、平成30年3月にがんゲノム医療中核拠点病院である東京大学医学部附属病院の連携病院に指定され「がんゲノム医療」を推進しています。
 このたび、がんゲノム医療の更なる推進のため、令和元年7月1日にがんゲノム医療センターをがんセンター内に設置しました。
 がんゲノム医療センターには、臨床遺伝・遺伝カウンセリング室、ゲノム解析室、検体管理室、データ管理室等が設置され、関係部署と連携してがんゲノム医療を推進してまいります。
 がんゲノム医療にご関心のある方は下記お問い合わせまでご相談ください。
genome-c1 

 がんゲノム医療とは

 がんゲノム医療とは、患者さんのがん細胞の遺伝子を調べ、見つかった遺伝子異常を治療に結びつけることができないか「エキスパートパネル」と呼ばれる専門家チームで議論し、患者さん一人ひとりに合わせた最適な治療を試みる医療です。まだ、最適な治療に結びつかないことも少なくありませんが、多くの症例の情報を集めることで、改善されることが期待されます。

(参考)
 がん遺伝子パネル検査のホームページ がん遺伝子パネル検査について 
 国立がん研究センターがん情報サービスのホームページ がんゲノム医療について

 

お問い合わせ

がんゲノム医療センター(平日9時~17時)

電話:048-722-1111(内線4501)

FAX : 048-723-5197

お問い合わせ

病院局 がんセンター  

郵便番号362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町小室780番地 埼玉県立がんセンター

ファックス:048-722-1129

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?