Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

 

掲載日:2018年10月11日

平成30年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(江原久美子議員)

県道深谷寄居線の踏切及び周辺道路の拡幅について

Q   江原久美子   議員(立憲・国民・無所属

これは、私が市議時代から市民の皆様や地元の自治会などから御要望をいただき、長年にわたり働き掛けた案件でもあります。おととしの一般質問でも取り上げさせていただきました。この地域はエリア一体として面整備をする必要がありますが、踏切北側は市の管轄、踏切はJR東日本、そして南側の歩道及び橋の整備は県の管轄となっています。現在、北側の市の区画整理部分が進んでおりますが、歩道整備の進捗に合わせた対応が必要です。一体整備をする上で、JR東日本との協議を進めながら県としても具体的に進めていく時期に差しかかっていると思います。また、つい最近、南側道路においてガードレールが倒れるほどの事故も起きており、安全を確保する上でも早急な対応が望まれます。
そこで、県道深谷寄居線の踏切及び周辺道路の拡幅に関わる今後の見通しについて、県土整備部長に伺います。

A   西成秀幸   県土整備部長

県道深谷寄居線とJR高崎線が交差する踏切の周辺は、深谷駅に近く高校や病院が立地し、多くの歩行者が通行しておりますが、歩道が未整備となっております。
現在、踏切の北側については、深谷市が土地区画整理事業により、この県道の歩道整備を進めております。
また、踏切とその南側の合わせて75メートルの区間については、県が平成29年度に現地測量に着手し、現在、道路の詳細設計や踏切の拡幅に向けたJR東日本との協議を進めております。
今後は、JR東日本との協議が整い次第用地測量に着手し、地元の皆様の御理解と御協力をいただき早期の拡幅整備に努めてまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

電話:048-830-6257

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?