Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2017年12月26日

平成29年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(齊藤正明議員)

中学校の道徳教育

Q   齊藤正明議員(自民)

平成27年3月、学校教育法施行規則の一部が改正され、道徳が特別の教科道徳として、中学校は平成31年度から実施されることになりました。この教科の難しさは、人間の生き方には正解はないと思われる中で、クラスの担任が担当するということであり、重い重い責任を負うことになります。
今後どのように道徳教育を進めていくのか、教育長に御所見をお伺いをいたします。

A   小松弥生   教育長

「特別の教科   道徳」の授業では、これまでの読み物資料に登場する人物の心情を理解することに重きを置いてきた指導から「考え、議論する道徳」への転換が求められております。
その際、学級担任が、この「考え、議論する道徳」の授業をどのように実現していくかが課題と捉えております。そのため、研究モデル校による成果の普及や研究協議会を実施するなどして教員の授業力の向上を図っております。
また、評価についても、学校によってどのように行っていけばよいか悩んでいる状況が見受けられるため、県では、教員が適切な指導と評価を行う上で参考となる資料の作成を進めております。
今後とも、全ての中学校において、「考え、議論する道徳」の趣旨を踏まえた指導と評価が着実に実現できるよう努めてまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?