ここから本文です。

 

掲載日:2020年4月30日

安野 翔 やすの なつる

所属・職名

自然環境担当・技師

専門学問分野

陸水生態学

関心のある研究テーマ

水田における生物群集及び食物網動態

外来水生植物による生態系への影響

 学位

博士(生命科学)(東北大学)

 経歴

2007年 東北大学理学部生物学科 卒業

2009年 東北大学大学院生命科学研究科博士前期課程 修了

2009~2010年 復建調査設計株式会社

2011~2019年 仙台市役所

2019年~ 現職

所属学会

日本陸水学会、日本生態学会、水草研究会

センターにおける調査・研究

自主研究事業

  • 埼玉県の水田地帯における水生動植物の生息状況に関する基礎的研究(2020年度~)
  • 埼玉県における野生動植物の分布等に関する情報の収集と解析(2019年~)  

外部競争的資金による研究

  • 田植え時期の違いが水田の生物群集及び生物多様性に及ぼす影響の解明(代表/科研費 若手研究/2020~2022年)
  • 外来水生植物が水域・陸域の生物群集及び食物網に及ぼす影響の解明(代表/科研費 研究活動スタート支援/2019~2020年)
  • ハス群落による食物網を通したニッチの創出:安定同位体比を用いた徘徊性クモの餌推定(代表/科研費 奨励研究/2017~2018年)

研究業績

査読付き原著論文

【筆頭】

  • 安野翔、藤本泰文、嶋田哲郎、鹿野秀一、菊地永佑(2019) 伊豆沼における安定同位体比を用いた肉食性外来魚カムルチーの食性解析.伊豆沼・内沼研究報告.13, 85-96.
  • Yasuno, N., Sako, Y., Shikano, S., Shimada, T., Ashizawa, J., Fujimoto, Y. and Kikuchi, E. (2018) Hypoxia within macrophyte vegetation limits the use of methane-derived carbon by larval chironomids in a shallow temperate eutrophic lake. Hydrobiologia.822(1), 69-84.
  • Yasuno, N., Fujimoto, Y., Shimada, T., Shikano, S. and Kikuchi, E. (2018) Food sources contributing to the diet of common and crucian carps in a shallow, temperate, eutrophic lake. Northeast Asian Studies (東北アジア研究). 22, 29-40.
  • 安野翔、鹿野秀一、藤本泰文、嶋田哲郎、菊地永祐 (2017) 浅い富栄養湖伊豆沼における浮遊系メタン食物連鎖: 炭素安定同位体比を用いた動物プランクトンへの寄与率の推定.伊豆沼・内沼研究報告.11, 41-53.
  • Yasuno, N., Fujimoto, Y., Shimada, T., Shikano, S. and Kikuchi, E. (2016) Ontogenetic dietary shifts of largemouth bass do not increase trophic position in shallow eutrophic lake in Japan. Annales de Limnologie – International Journal of Limnology. 52, 355-364.
  • Yasuno, N., Chiba, Y., Fujimoto, Y., Shindo, K., Shimada, T., Shikano, S. and Kikuchi, E. (2016) Zoobenthos are minor dietary components of small omnivorous fishes in a shallow eutrophic lake. Marine and Freshwater Research. 67(10), 1562-1568.
  • 安野翔、嶋田哲郎、芦澤淳、星雅俊、藤本泰文、菊地永祐 (2015) 伊豆沼のハス群落拡大に伴う貧酸素化の底生動物群集への影響.伊豆沼・内沼研究報告.9, 13-22.
  • Yasuno, N., Shindo, K., Kanaya, G., Takagi, Y., Shikano, S., Fujimoto, Y., Shimada, T. and Kikuchi, E. (2014) Ontogenetic changes in the trophic position of a freshwater Unionidae mussel. Fundamental and Applied Limnology. 184(4), 341-349.
  • Yasuno, N., Shikano, S., Shimada, T., Shindo, K. and Kikuchi, E. (2013) Comparison of the exploitation of methane-derived carbon by tubicolous and non-tubicolous chironomid larvae in a temperate eutrophic lake. Limnology. 14(3), 239-246.
  • Yasuno, N., Shikano, S., Muraoka, A., Shimada, T., Ito, T. and Kikuchi, E (2012) Seasonal increase of methane in sediment decreases δ13C of larval chironomids in a eutrophic shallow lake. Limnology. 13(1), 107-116.
  • Yasuno, N., Chiba, Y., Shindo, K., Fujimoto, Y., Shimada, T., Shikano, S. and Kikuchi, E. (2012) Size-dependent ontogenetic diet shifts to piscivory documented from stable isotope analyses in an introduced population of largemouth bass. Environmental Biology of Fishes. 93(2), 255-266.
  • 安野翔, 山中寿朗, 鹿野秀一, 嶋田哲郎, 菊地永祐 (2011) 伊豆沼におけるオオユスリカ幼虫の餌資源推定:炭素安定同位体比と脂肪酸組成による解析.伊豆沼・内沼研究報告.5, 21-35.
  • 安野翔, 千葉友紀, 嶋田哲郎, 進東健太郎, 鹿野秀一, 菊地永祐 (2009) 伊豆沼の栄養状態とユスリカ科幼虫を中心とした底生動物群集の変化.伊豆沼・内沼研究報告.3, 49-63.

総説・解説

  • 安野翔(印刷中)湖沼におけるメタン食物連鎖:特にユスリカ幼虫が介する底生食物連鎖経路について.陸水学雑誌.
  • 安野翔, 菊地永祐 (2012) 導入地域におけるオオクチバス当歳魚個体群の魚食への移行.伊豆沼・内沼研究報告.6, 1-16.

書籍

  • 安野翔 (2016) 宮城県環境生活部自然保護課(編)宮城県の絶滅のおそれのある野生動植物.(分担執筆, 汽水・淡水魚類)p. 261-263.
  • 安野翔 (2016) 宮城県環境生活部自然保護課(編)宮城県の絶滅のおそれのある野生動植物 普及版.(分担執筆, 汽水・淡水魚類)p. 40, 42.

報告書

  • 安野翔 (2013) 公益財団法人 宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団(編)湖沼復元を目指すための外来魚防除・魚類相復元マニュアル~伊豆沼・内沼の研究事例から~. (分担執筆, オオクチバスの成長に伴う食性変化:安定同位体比を用いた餌の推定) 25-31.

表彰等

  • 日本陸水学会  吉村賞(2018年)
  • 日本陸水学会第73回大会  優秀ポスター賞(2008年)
  • 日本生態学会第56回大会  優秀ポスター賞(「外来種」分野)(2008年)

学会活動

  • 日本陸水学会第82回大会仙北市田沢湖大会実行委員(2018年)

社会的貢献・活動

  • 伊豆沼・内沼研究報告 編集委員(2020年~)
  • 宮城県野生動植物調査会汽水・淡水魚類分科会(2014~2019年)

 

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?