ここから本文です。

 

掲載日:2020年5月21日

木持 謙 きもち ゆずる

所属・職名

研究推進室 水環境担当・担当部長

専門学問(環境)分野

生活排水処理、河川浄化、魚類保全

関心のある研究テーマ、 今後の抱負

環境DNA分析を適用した魚類の多様性や分布状況の把握など

学位

博士(学術)(筑波大学)

学位論文題目: 生物学的排水処理における亜酸化窒素の発生とその制御手法の開発

経歴

1998年 筑波大学大学院・博士課程・農学研究科修了

2000~2003年 環境科学国際センター 廃棄物管理担当

2003年~ 環境科学国際センター 水環境担当

所属学会

日本水処理生物学会、日本水環境学会、日本陸水学会

センターにおける調査・研究テーマ

自主研究事業

  • 中小河川・水路における水生生物の生息環境の評価手法の検討(平成25~26年度(FY2013-2014))
  • ムサシトミヨ生息域における生活雑排水を対象とした簡易・効率的水処理技術の開発と実証(平成20~22年度(FY2008-2010))
  • 新規環境浄化担体とヨシ等植栽を活用した水質浄化技術の実用化に関 する研究(平成18~19年度(FY2006-2007))
  • 埋立地内における廃棄物層の生物学的安定化機構の解明(平成13~15年度(FY2001-2003))

外部競争的資金による研究

【研究代表】

ゼオライトろ床と植栽を組み合わせた里川再生技術の開発(環境技術開発等推進費/平成21~23年度(FY2009-2011)

 研究業績

査読付き原著論文

【筆頭】

  • Y. Kimochi, H. Tanaka (2017) A Method to Estimate Previous Dissolved Oxygen Conditions in Aquatic Environments Based on Dissolved Methane and Nitrous Oxide Measurements, Japanese Journal of Water Treatment Biology, 53 (4), 95-109.
  • Y. Kimochi, K. Jono, H. Yamazaki, K. Q. Xu, Y. Inamori (2015) Greenhouse Gases Control and Water Purification Performance in a Johkasou System under Energy Saving Operation, Japanese Journal of Water Treatment Biology, 51 (3), 61-68.
  • 木持謙、田中仁志、徐開欽、稲森隆平、稲森悠平 (2014) 迅速な溶存態ガス採取法を用いた湖沼等のN2O、CH4生成・放出ポテンシャルの評価、日本水処理生物学会誌、50 (3), 121-131.

【共著】

  • G. Ding, X. Li, W. Lin, Y. Kimochi, R. Sudo (2017) Enhanced flocculation of two bioflocculation-producing bacteria by secretion of Philodina erythrophthalma, Water Research, 112, 208-216.
  • D. Tanaka, T. Takahashi, Y. Yamashiro, H. Tanaka, Y. Kimochi, M. Nishio, A. Sakatoku, S. Nakamura (2017) Seasonal variations in bacterioplankton community structures in two small rivers in the Himi region of central Japan and their relationships with environmental factors, World Journal of Microbiology and Biotechnology, 33:212.
  • K. Jono, A. Sano, Y. Ogura, Y. Kimochi, H. Yamazaki, K. Q. Xu, Y. Inamori, N. Sugiura (2014) Evaluation of Greenhouse Gas Emission from a Continuous Activated Sludge Process under Power Saving Conditions, Journal of Water and Environment Technology, Vol. 12, No.4, 379-388.

総説・解説

  • 木持謙 (2012) 埼玉県における生活排水処理の方向性と河川環境改善効果事例、月刊浄化槽、2012-Aug.、16-21.
  • Y. Inamori、Y. Kimochi、R. Inamori、P. Gui、H. N. Kong、M. Mizuochi (2003) Control of Anthropogenic CH4 and N2O Emissions from Several Industrial Sourcesand from Daily Human Life, Journal of Chemical Engineering of Japan、Vol. 36、No. 4、 449-457.

埼玉県環境科学国際センター報

  • 木持謙 金澤光 高橋基之 王効挙 柿本貴志 亀屋隆志 (2014) ムサシトミヨ生息域における河川環境の調査と簡易・効率的な流入汚水対策技術の検討、14、78-84.
  • 高橋基之、田中仁志、木持謙、見島伊織、柿本貴志、池田和弘、野尻喜好、茂木守、細野繁雄 (2013) 利根川水系ホルムアルデヒド水質事故における対応の記録, 13, 85-91.
  • 長田泰宣、鈴木章、斎藤茂雄、高橋基之、田中仁志、金主鉉、木持謙、石山高 (2005) 埼玉の水環境 -公共用水域の水質を中心に-, 5, 86-105.

国際学会プロシーディング

【筆頭】

  • Y. Kimochi, K. Jono, H. Yamazaki, A. Sano, K. Q. Xu, Y. Inamori, N2O and CH4 Control in a Johkasou System by Energy-saving Operation, IWA Nutrient Removal and Recovery 2012 (Harbin, China, 4, Sep., 2012).
  • Y. Kimochi, H. Kanazawa, T. Mashimo, T. Masada, S. Tsuneda, M. Sekine and Y. Sakakibara, Nitrogen Treatment by Direct Purification Technology using Molded Zeolite and Aquatic Plants in an Actual Stream, The 4th IWA-ASPIRE Conference & Exhibition (Tokyo, 5, Oct., 2011), .
  • Y. Kimochi, T. Masada, Y. Mikami, S. Tsuneda, R. Sudo, Tertiary Treatment of Domestic Wastewater using Zeolite Ceramics and Aquatic Plants, The 8th Specialized Conference on Small Water and Wastewater Systems (Coimbatore, India, 8, Feb., 2008)

 

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?