Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2019年2月7日

ホンモロコの養殖

ホンモロコの養殖技術は、全国に先駆けて埼玉県水産試験場(当時)で技術開発されました。

水田を使って生産することが適していることから、転作用作目の一つとして生産を推進しています。

養殖技術

10アール当たり、45万粒の卵を収容して400kgの生産ができます。

養殖池には、4月初旬に施肥をしてミジンコを繁殖させ、4月下旬にふ化稚魚を収容します。2~3週間後から配合飼料を給餌して飼育します。給餌は、自動給餌機を用いて一日4~5回(一回、40分程度)行います。池の水は、植物プランクトンの繁殖をコントロールして青水で飼育します。その年の秋には平均体重が5g程度に成長し、取揚げ後5~7日間活け締めしてから、食材として出荷します。

ホンモロコの写真

ホンモロコ(体長10~13cm)

養魚水田

養殖池は、水田の表土を15cm程度掘り下げ、その土で土手を築き、漏水を防止するために周囲をビニールシートで覆って造成します。このような簡単な池で十分に飼育が可能です。

ホンモロコ養魚池の写真

ホンモロコ養魚水田

収益性

県の東部・北部地域を中心に、生産者の庭先でkg当り3,000円程で販売されています。

40戸余りの生産者で約19tの生産が見込まれています。

技術の普及

水産研究所では、埼玉のブランド化事業の一環として、ホンモロコ養殖の技術開発を行うとともに、県内での生産拡大を目指して技術指導を行っています。

お問い合わせ

農林部 水産研究所  

郵便番号347-0011 埼玉県加須市北小浜1060-1

ファックス:0480-63-1012

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?