Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2016年12月7日

麻しん及び風しん流行情報

麻しん流行情報(2016年)

麻しんは、感染症発生動向調査では、第48週までに7例の届出がありました。

当所で実施した確認検査(遺伝子検査)では、3例の麻しんウイルス陽性が確認されました。この3例には、海外での感染や海外で感染した麻しん患者との接触が認められています。

また、保健所では届出された麻しん患者からの二次感染防止のための調査を行っており、県内での感染の拡がりを監視しています。

全国の発生状況は、国立感染症研究所感染症疫学センターをご覧ください。

麻しん届出状況(2016年:診断週集計)

診断週

診断日

性別

年齢階級

病型

ワクチン接種歴

1回目

ワクチン接種歴

2回目

2016 10

3月8日

  30~34 麻しん(検査診断例) 不明 不明
2016 23

6月10日

60~64

修飾麻しん(検査診断例) 不明 不明
2016 30

7月31日

0

麻しん(臨床診断例) 無し 無し
2016 35

8月30日

25~29

麻しん(検査診断例) 無し 無し
2016 35

9月2日

1~4

修飾麻しん(検査診断例) 有り 無し
2016 37

9月12日

25~29

麻しん(検査診断例) 有り 無し
2016 37

9月18日

20~24

麻しん(臨床診断例) 有り 有り

臨床診断例とは、麻しんに特徴的な症状や所見(診察)により麻しんと診断されたもの。

検査診断例とは、臨床診断例のうち検査で陽性となったもの。

修飾麻しんとは、麻しんに対する免疫を不十分ながら持っている人が麻しんウイルスに感染し、軽症で非典型的な麻しんの症状を呈したもの。

ページの先頭へ戻る

麻しん報告数の推移(2008年-2015年)

麻しん報告数グラフ(2008年~2015年)

風しん流行情報

風しんは、感染症発生動向調査では、2014年10例、2015年8例の届出がありました。2016年第48週までの累積届出数は4例です。全国の風しん発生状況は、国立感染症研究所感染症疫学センターをご覧ください。

風しん届出状況(2014年以降:診断週集計)

診断週

性別

年齢階級

病型

ワクチン接種歴

1回目

ワクチン接種歴

2回目

2014

1

1~4

臨床診断例

有り

無し

2014

3

40~44

検査診断例

無し

無し

2014

6

40~44

検査診断例

無し

無し

2014

6

15~19

検査診断例

有り

有り

2014

8

40~44

検査診断例

不明

不明

2014

10

40~44

検査診断例

不明

不明

2014

18

40~44

検査診断例

不明

不明

2014

25

1~4

検査診断例

有り

無し

2014

36

45~49

臨床診断例

不明

不明

2014

37

65~69

検査診断例

不明

不明

2015

3

45~49

臨床診断例

不明

不明

2015

3

35~39

臨床診断例

不明 不明
2015 20

35~39

検査診断例

無し 無し
2015 23

1~4

検査診断例

有り 無し
2015 28

35~39

検査診断例 不明 不明
2015 35

20~24

検査診断例 有り 有り
2015 37

1~4

臨床診断例 無し 無し
2015 40

55~59

検査診断例 無し 無し
2016 19  20~24 検査診断例 無し 無し
2016 21  20~24 検査診断例 不明 不明
2016 22  40~44 検査診断例 不明 不明
2016 22  20~24 検査診断例 不明 不明

ページの先頭へ戻る

先天性風しん症候群(CRS)

先天性風しん症候群は、2012年に1例、2013年に3例の届出がありました。2014年以降の届出はありません。

先天性風しん症候群(CRS)届出状況(2012年以降:診断週集計)

診断週

性別

診断方法

母親の妊娠中の風しん罹患歴

母親のワクチン接種歴

2012

50

血清IgM抗体の検出

有り

無し

2013

39

血清IgM抗体の検出

不明

不明

2013

44

血清IgM抗体の検出

有り

有り

2013

52

血清IgM抗体の検出

有り

不明

全国の先天性風しん症候群(CRS)発生状況は、国立感染症研究所感染症疫学センターの

先天性風しん症候群(CRS)の報告(2014年10月8日現在)

をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

報告週対応表

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部 衛生研究所 感染症疫学情報担当

郵便番号355-0133 埼玉県比企郡吉見町江和井410番地1

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?