ここから本文です。

掲載日:2021年3月22日

テレワーク

新型コロナウイルス感染症の感染リスクを減らすために、テレワークや時差出勤制度の導入が有効です。 

テレワークとは

埼玉県テレワークポータルサイトを開設しました。テレワークに関する情報が満載です。

 埼玉県テレワークポータルサイト

テレワークは「ICT(情報通信技術)を活用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」です。インターネットなどのICTを利用することで、本来勤務する場所から離れ、自宅などで仕事をすることができます。

テレワークには3つの形態があります。

在宅勤務・・所属するオフィスに出勤しないで自宅を就業場所とする働き方です。

モバイルワーク・・移動中や顧客先、カフェなどを就業場所とする働き方です。

サテライトオフィス勤務(施設利用型勤務)・・所属するオフィス以外の他のオフィスや遠隔勤務用の施設を就業場所とする働き方です。

時差出勤とは

時差出勤制度は、社員の始業時刻や終業時刻をずらした出勤方法のことで、従業員はあらかじめ定められた範囲の時間で出社する制度です。また、始業、終業の時刻を労働者の決定に委ねる制度として、フレックスタイム制度があります。この制度は、1日の労働時間帯を、必ず勤務すべき時間帯(コアタイム)と、その時間帯の中であればいつ出社または退社してもよい時間帯(フレキシブルタイム)とに分けるものです。

テレワークに関する県の支援

〇通信事業者との連携
新型コロナウイルスの感染防止対策としてテレワークを導入する県内中小企業を支援するため、通信事業者等と連携しています。詳細はテレワーク導入支援に関する通信事業者等との連携をご覧ください。

〇アドバイザー派遣事業
女性活躍や働き方改革に取り組みたいという企業に中小企業診断士や社会保険労務士などのアドバイザーを派遣し、アドバイスします。
※新型コロナウイルス感染症の影響に伴うテレワークや時差出勤制度等の導入についてもご相談いただけます。
※派遣ではなく、電話又はWEB会議システムでもご相談いただけます。
詳細は働き方改革の支援(奨励金・アドバイザー)をご覧ください。

テレワーク等に関する情報

〇テレワーク全般 (テレワーク総合ポータルサイト)
労務管理等Q&A集、テレワークモデル就業規則、テレワーク活用の好事例集などを紹介
https://www.nttdata-strategy.com/r01telework/

〇ICT・セキュリティ関係(総務省)
テレワークセキュリティガイドライン
https://www.soumu.go.jp/main_content/000545372.pdf (2.49MB)
テレワークを安心して導入・活用するための情報セキュリティに関する指針

働き方改革のためのテレワーク導入モデル
https://www.soumu.go.jp/main_content/000616262.pdf (5.28MB)
業種業態、企業の規模別にテレワーク導入時、導入後の課題、解決策をまとめた事例

〇フレックスタイム
フレックスタイム制のわかりやすい解説&導入の手引き
https://www.mhlw.go.jp/content/000476042.pdf(3.72MB)
フレックスタイム制の詳細や導入の手続を解説

事例紹介

ウーマノミクスサイトでは、テレワークの導入等に取り組んだ企業の事例を紹介しています。

働き方改革に取り組む企業
https://www.pref.saitama.lg.jp/womenomics/hatarakikata/model.html

テレワーク等の柔軟な働き方の導入は、従業員の離職防止等にもつながる取組です。
テレワークを導入し、多様な働き方を実現しましょう。

 ホテル・旅館でテレワーク

県内のホテル・旅館を利用したテレワークに関する情報については、下記ページをご覧ください。 

埼玉県テレワークポータルサイト

働き方改革へ戻る