ページ番号:21864

掲載日:2021年3月30日

ここから本文です。

山地災害危険地区について

秩父地域は、山地や丘陵地域が広がりその地形や気候条件などから山地災害が発生しやすい特性を持っています。日頃から山地に起因する災害が起こるおそれがあることを認識しておく必要があります。地域の皆さまに危険個所を把握し、災害に備えていただくために山地災害危険地区の情報をお知らせします。

危険地区の種類と箇所数

(令和2年度末現在)

危険地区の種類

説明

箇所数

山腹崩壊危険地区

山腹崩壊による災害(落石による災害を含む。)が発生するおそれがある地区

285箇所

地すべり危険地区

地すべりによる災害が発生するおそれがある地区

94箇所

崩壊土砂流出危険地区

山腹崩壊又は地すべりによって発生した土砂又は火山噴出物が土石流となって流出し、災害が発生するおそれがある地区

468箇所

山地災害危険地区位置図

山地災害危険地区位置図(秩父)(PDF:10,211KB)

お問い合わせ

農林部 秩父農林振興センター 治山・森林管理道担当

郵便番号368-0034 埼玉県秩父市日野田町一丁目1番44号 埼玉県秩父農林振興センター1階

ファックス:0494-25-1709

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?